中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

''ピカピカお肌を目指すバレンタイン作戦!''

恋愛漢方サロン

恋愛漢方サロン


ピカピカお肌を目指すバレンタイン作戦!

画像の説明

◆ピカピカお肌のために・・・

お尋ねします。あなたが今年バレンタインデーにプレゼントをするお相手は?
今年初めてのお相手ならもちろん、恋人、ご主人でも??と目を見張るような素肌美人に変身してみませんか?

こんな症状気になる方に是非お勧めします漢方養生法、中医美容。

・肌がカサカサする  

・肌につやがない  

・小じわが増えているなど・・・。 

中医学で、お肌と関係の深い臓器は脾と肺なんですよ。

         ★★★ ワンポイント解説 ★★★

・・・胃と関係が深く、飲食物の消化吸収を主に管理しています。脾の働きが正常なら、肌や筋肉の栄養も良く、四肢の活動も自由で、口唇の色も正常です。精神活動では、思慮・思考を管理しています。精神的ストレスが胃によくないと言われるように、あれこれと深く考え、思い悩むのは食欲不振や消化不良を引き起こします。自然の甘味は脾には入りやすく、過剰の甘味は脾を傷つけます。脾の病気は湿気を嫌います。

◎中医学でいう「脾」は、西洋医学でいう脾臓の働きとは異なるもので、飲食物の消化・吸収・移動をもっとも重要な機能とし、ほぼ今日の消化管の働きに相当します。消化器疾患、水分代謝異常、ある種の出血などは脾と深い関係にあります。

・・・大腸と深い関係にあります。呼吸の5分の1は皮膚が行っているといわれるように皮毛と密接な関係にあり、肺が正常なら皮膚の状態もよく、うぶ毛にも光沢があり、外邪に対する抵抗力もあります。肺の病気は鼻にあらわれます。また、憂い・悲しみは肺の生理機能と関係があります。辛味は肺に入りやすく、肺気が弱まったら辛味の食品を食べます。しかし、過剰の摂取はよくありません。顔色が白いのは、肺気が不足していることをあらわします。肺の病気は乾燥を恐れ、乾燥によって悪化します。

◎中医学で言う「肺」は、西洋医学でいう呼吸器系の作用を指すだけでなく、体液代謝の一部、体温調節、免疫系の一部などを含めた機能系といえます。


     

       
★ 乾燥肌チェックシート(体の中に潤い不足の赤信号!) ★
 
 1、□めまい、立ちくらみ         

 2、□月経が遅れぎみ          
 
 3、□月経の量が少なくなっている   
 
 4、□のぼせしやすい           
 
 5、口が渇きやすい 
  
 6、□便秘をしやすい           
 
 8、□睡眠不足               
              
 9、□いつもエアコンの効いた部屋にいる

10、□小じわが増えている

11、□肌がゴワゴワ、カサカサ

12、□肌はドライスキン、ザラザラ

13、□肌につやがない

14、□季節の変わり目に肌荒れや

15、□生理前に肌のトラブルが発生

16、□時ときに肌に赤みと痒みがある

◎点数が多い方が、肌の乾燥がひどく、皮膚のトラブルは発生しやすい状態です。皮膚の老化が進んでいます。

画像の説明
 
◆カサカサ肌のお肌対策方法

中医学で考える乾燥対策は、「肺」の機能を高めることと、「気・血・津液」を補うことです。

中医学には、「人と自然界は協調している」という考え方があります。自然界に起こる環境変化は、人間の健康や美容に大きな影響を与えているとして、季節の変化や天候、風土に応じた対策を大切にしてきました。同じ患者さんの同じ病気に対しても、季節によって治療方法を変えることも度々あります。

その自然界と、鼻や皮膚からの呼吸を通して、直接つながっている臓器が「肺」です。自然界の影響を受けやすいため、とてもデリケートな臓器でもあります。その肺は皮膚を司っていますので、皮膚もまたとてもデリケートなのです。

肺には、

1.呼吸を司る、 

2.内臓や肌の栄養物質の素「気・血・津液」を体の隅々まで行き渡らせ皮膚に潤いを与える、 

3.皮膚のバリア機能を高めるエネルギー「衛気」を皮膚表面に張り巡らせる、 

4.毛包・汗孔の働きをサポートする、という機能があります。

◆乾燥から肌を守る食材と生薬

肌を瑞々しく保つには、肺の機能を高めることと、栄養の素である「気・血・津液」を十分に補うことです。そのためには、睡眠時間をたっぷり取り入れた規則正しい生活習慣を心がけること。食べ物や生薬でカバーしたり、中医美容マッサージをを試せば、さらに効果が期待できます。

肺によい食材・・・ユリ根、ナシ、ブドウ、杏仁、大根、サトイモ、白木耳

補血によい生薬・・・ナツメ、レバー、枸杞の実

補陰・・・・・瑞々しい緑黄色野菜

補血効果がある生薬・・・当帰、地黄、阿膠

補陰効果がある生薬・・・玉竹、麦門冬、沙棘、西洋人参

★このように、体の中から健康になり、栄養を体の隅々まで行き渡らせることが、美肌を保つポイントなんですね。次回は、肺によい生薬にまつわるお話や、おすすめの漢方薬をご紹介しますので、お楽しみに!!





























































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional