中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

☆GOT・GPT値が高くなるのは肝臓が傷んでいるから

肝臓病

GOT・GPT値が高くなるのは肝臓が傷んでいるから

 ★GOT・GPT値が高くなるのは肝臓が傷んでいるからです。

 
 GOT・GPTとは、肝臓の中にある酵素の一種です。
お酒の飲み過ぎ、過労・薬物摂取、またウイルス性肝炎では肝細胞が壊されてしまいます。すると本来ならば肝細胞の中で働いているGOT・GPTなどの酵素が肝細胞の壊れた部分から、肝細胞の外に出てきます。この時、血液中のGOT・GPTを測定すると、これらの数値が高くなっています。つまり、肝機能検査でGOT・GPTの数値が高いということは、肝細胞が壊されていることを意味します。

肝細胞の壊れた部分が修復されると、肝細胞から血液へのGOT・GPTの数値が下がり始めます。肝機能数値であるGOT・GPT値が低下したということは、肝細胞が修復されたことを意味します。
肝細胞はタンパク質でできています。ですからタンパク質の合成能力が促進されれば、タンパク質はどんどん合成され、壊れた肝細胞は速やかに修復されます。また、新しい肝細胞がつぎつぎと合成されるようになります。つまり、肝細胞の修復・再生を促進するポイントは、タンパク合成の能力をアップさせることです。そのためには、タンパク合成に関与する酵素の活性(働き)をアップさせることが重要です。これらの酵素を活性化させている栄養素は微量ミネラルです。

タンパク質は、アミノ酸とアミノ酸が鎖のように長く結合してできたもので、食品では肉、卵、乳製品などに比較的多く含まれています。私たちが肉を食べると、肉に含まれるタンパク質が胃腸で消化され、長い鎖がバラバラになるように一つ一つのアミノ酸にまで細かく分解されます。そして腸で吸収されたアミノ酸は、肝臓の細胞に運ばれ、再びアミノ酸どうしが結合し、鎖のように長くなり、その人特有のタンパク質として生まれ変わります。このタンパク質が肝細胞の壊れた部分を修復します。

ところで、体の中でタンパク質が作られるとき、一つ一つのアミノ酸は、DNAの中にある遺伝情報に基づいた順番で正確に結合されます。つまり、一つ一つのアミノ酸がタンパク合成のための鋳型に入り込み、その後アミノ酸どうしが結合してタンパク質となります。このタンパク合成のための鋳型を、mRNA(メッセンジャーRNA)といいます。

この鋳型(mRNA)を合成する酵素をポリメラーゼといいますが、この酵素の活性中心(エンジン部分)は、微量ミネラルの亜鉛で構成されています。

 
 壊された肝細胞は、タンパク質でできています。ですから、肝細胞を修復するためには、タンパク質を作る働きを促進させ傷ついた部分をそのタンパク質でふさぐことg必要です。この時、亜鉛、マンガンなどが充分にあるとタンパク質は円滑に合成され、肝細胞は順調に修復または再生されます。しかし、亜鉛が不足すると、肝細胞が壊れてできた空洞に肝繊維がはびこり、肝硬変へと悪化する可能性があります。

   

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional