中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

「めまい」もいろいろ

アラカルト
「めまい」もいろいろ

「めまい」もいろいろ

めまいの治療法、水飲と痰湿で区別
気の不足からくるめまいも   ●腎の精気不足からくるめまいも   

画像の説明

おはようございます。渡辺です。先日ある方から「めまいで困っている」というお話を伺いました。あなたは「めまい」の経験はありませんか?今回はその「めまい」についてご紹介します。

「めまい」について、簡単な医学書での内容です。

めまいは、平衡機能反射系が障害され、姿勢の統御が困難になった状態をいう。

●身体の平衡感覚は、身体の回転や移動を内耳にある前庭器が感じ、脳幹や小脳に情報が伝えられて、姿勢を保持しようとする感覚である。また、視覚や体の傾きなどを感ずる深部知覚は大脳へ伝達され、姿勢の保持に関与する。こうした平衡機能のいずれかの部位に障害がおきるとめまいを感ずる。末梢前庭障害、中枢障害によってめまいが生じる。このほか、心因性に生じることもある。

●末梢前庭性のめまいは、内耳の障害で起こり、周囲や自身がグルグル回るとか揺れたり傾くなど、回転性のめまいであることが多い。

耳鳴りや悪心・嘔吐を伴うことも多い。めまいの症状は強いが、持続時間は長くても数日である。眼球がピクピクと左右に動く眼球振盪(眼振)が一方向性にみられる。

良性発作性頭位めまい、メニエール病、突発性難聴、内耳炎、前庭炎などでみられる。

●中枢性めまいは、脳血管障害による小脳脳幹梗塞、小脳脳幹出血や、小脳脳幹腫瘍、腸神経腫瘍、髄膜炎などが原因で起きる。

めまいは回転性のことは少なく程度も軽いが、数日異常続く。めまい以外の中枢神経症状をともなう。


これを中医学で考えるとどんな風になるでしょうか。

中医学ではめまいのタイプを大きく6つに分けています

中医学では、眩暈・目眩・めまい・ふらつきなどの症状を頭暈(ずうん)と言います。

頭暈とは、目がかすんで頭がふらつき、物が揺れ動いてみえることで、時には乗り物に乗っているような感じがします。激しいときには目を開けると周囲が回転して立っていることが出来ず、悪・嘔吐し倒れることもあります。

あなたはどのタイプの眩暈ですか?

■肝陽化風(かんようかふう)の眩暈
頭のふらつき、目まい、頭の腫痛、イライラ、怒りっぽい、怒ると目まいや頭痛が強くなる、顔面紅潮、耳鳴り、眠りが浅い、多夢、口苦などで肝気欝結から心肝火旺の状態になります。

肝陽化風

■肝陽亢進タイプ
めまい 耳鳴 目の充血 頭痛 赤ら顔 寝汗 足腰がだるい 怒ると症状が悪化 多夢 口が苦い 手や足の裏が火照る 紅舌 黄苔あるいは少苔 脈弦あるいは細数 などの特徴があります。

西洋医学的には高血圧と最も関係するタイプといえます。

天麻鈎藤飲 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん) などが有効です。



痰濁タイプ
めまい 頭が被さったように重くぼんやりする 胸苦しい 四肢や身体が重だるい 吐き気がある  厚苔 などの特徴があります。

一般に胃腸が弱く低血圧気味の人に見られるタイプです。目が覚めるとひどいめまいがし、起きて動くとさらにひどくなる。こんな方は身体の代謝機能が落ちています。食欲がなく、食べても消化されずに溜まったまま、この症状が出ます。水分代謝を高める漢方が必要です。

水湿を除く半夏白朮天麻湯、苓桂朮甘湯、黄連温胆湯などが有効です。起きるとフラフラする(起即頭眩)、ぜーぜーする 胃液を嘔吐する、胃部に振水音など水湿の停滞がある、腹壁が柔らかで無力。便気味などの証があります。胃下垂 低血圧 車に酔いやすい女性のめまい、学童期の起立性調節障害にも有効です。



気血両虚
心身疲労によって眩暈が出現あるいは悪化する 顔色につやが無い 疲れやすい 爪や唇の血色不良 動悸や不眠がある 舌質淡 脈細無力などの特徴があります。

胃腸の弱い人に多いタイプです。高校生に多き起立性調節障害もこのタイプが多くみられます。婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、帰脾湯が有効です。



腎精不足タイプ
漢方では「脳は髄之海であり,腎精が虧耗すれば髄海は不足する」といいます。腎精不足になり、「髄海が充足されないとふらふら感、耳鳴り、足がだるく、立ち眩み、体がだるくて寝てばかりいる」と説いています。

このタイプは、めまい 耳鳴 腰痛や下肢のだるさ 健忘 脱毛 歯の動揺 舌質淡紅などの特徴があります。頭が空虚になりふらつくめまいです。老人に多いタイプですが、若い人にも見られます。

方剤としては杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、腎気丸などが有効です。

一部の症例では、脾腎両虚のために、寒湿が内停するためのめまいもあります。このような場合には真武湯(しんぶとう)などが有効です。真武湯は陽虚陰盛水湿泛濫証に用いられる方剤で、冷え症で下痢しやすく、疲れやすく、足元が頼りなくフワフワして雲の上を歩いているような感じがして、立ち上がると、クラクラして物につかまりたくなる人に適しています。



瘀血タイプ
動揺性のめまいが特徴で、 血流障害が考えられます。
めまい 耳鳴 難聴 刺されるような頭痛 唇が暗紫色 舌に瘀斑や瘀血点があります。丹参、川芎、桃仁、紅花、赤芍などが中心の薬剤が効果的です。方剤としては、冠元顆粒(かんげんかりゅう)をおすすめします。



























powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional