中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

「肝」の養生で春を元気に!

漢方の知恵袋
「肝」の養生で春を元気に!

「肝」の養生で春を元気に!

中医学講師  菅沼 栄先生

日ごとに暖かくなり、草木は花を咲かせ色鮮やかに景色を染めています。春は始まりの季節にあたり、この時期に身体を整えることは一年を元気に過ごすためにも大切なこと。春と深い関わりのある「肝」の養生をポイントに、心身ともに健やかな身体づくりを心がけましょう。

ストレスを溜めず「肝」を健やかに

 寒さの厳しい冬も過ぎ去り、春のうららかな陽気に誘われて、 身も心も軽やかに感じるようになってきました。中医学の「五行学説」では、春は「木」に属し、 自然界のすべてのものがのびやかに成長し、新陳代謝が活発になる季節です(五行の配当表参照)。 人間の身体も同様に新陳代謝が活発になり、冬に溜まった老廃物を発散していきます。少し汗をかきやすくなったり、 気持ちが浮き立ったりします。

 こうした身体の活動と深い関わりがあるのは五臓でいう「肝」です。 中医学でいう肝は、西洋医学でいう肝臓の働きだけでなく、自律神経系や新陳代謝の機能を担い、全身の「気(エネルギー)」 の流れをコントロールし、精神を安定させたり、内臓の働きをスムーズに保ったりする役割をしています。また、肝は血を貯蔵し、 必要に応じて供給するという血の調節機能も担っています。

 五行学説によると肝は春にあたる臓器で、春の草木のように 「のびのびとしている状態」を好むことが特徴。そのため、ストレスが溜まると肝の機能が低下し、消化器系の不調や疲労感、イライラ、 憂鬱といったさまざまな不調が現れるようになります。

 季節の変わり目で生活環境が変わることも多い春は、 ストレスや不安を感じやすい時期。ストレスを上手にコントロールして肝の機能を健やかに保ち、 心も身体も元気に気持ちよく過ごしましょう。

画像の説明




症状でチェック!肝の養生法

春は「肝」 に負担がかかりやすい季節。「肝」は気と血の調和によって働きが保たれています。ストレスを上手に発散し、食や生活の養生で、「肝」 を健やかに保つよう心掛けましょう。

画像の説明

の停滞  
● 情緒の不安定や食欲不振 ●

ストレス発散で気の流れをスムーズに

 中医学では 「肝は疎泄(そせつ)を司る」臓器と考えられています。疎泄とは、主に新陳代謝のような機能のこと。全身の「気(エネルギー)」 の流れをスムーズにすることで、精神を安定させたり、胃腸の働きを助けたり、血流を調節したり、といった働きを担っています。

 肝はストレスの影響を受けやすいため、ストレスがまって「気」 の流れが滞ると、情緒の不安定、脾胃(消化器系)の不調、血行不良、婦人科の諸症状など、さまざまな不調が現れるようになります。 趣味や軽いスポーツなどで日頃からストレスを上手に発散して、気の流れをスムーズに保ち、肝を健やかに整えるよう心がけましょう。

主な症状:
憂鬱、イライラ、頭痛、食欲不振、お腹の張りや痛み、胃もたれ、下痢、便秘、胃痛、胸痛、生理痛、 生理不順など

食の養生
辛みや苦味、 酸味のある食材を。
みょうが、 たらの芽、クレソン、ハマナスの花茶、ジャスミン茶、ねぎ、ふき、香草類、ウコン、チンピ(みかんの皮)、竹の子、ごぼう、ミント、 菊花、酢、そば

よく使われるのは 逍遥散、開気丸、冠元顆粒、 桂枝茯苓丸




           ● めまいや月経不通 ●

血を補い肝の機能を守る

 肝は 「血の貯蔵庫」と考えられていて、活動している時には必要に応じて血を送り出し、睡眠時には肝に集めて蓄える、 という働きをしています。

 こうした血の貯蔵・調節機能を「蔵血(ぞうけつ)」といいますが、 栄養の不足やストレスなどで肝の働きが弱くなると蔵血の機能も低下してしまいます。その結果、血が不足したり、 血量の調節が上手くできなくなったりするため、めまいや月経不順、鼻血などの症状が起きるのです。

 このタイプの養生は、まずは不足しがちな血を補うこと。 そして血の巡りを良くすることで肝の機能を守りましょう。

主な症状:
めまい、顔色が白い、月経不順、無月経、鼻血やあざなどの出血傾向、月経過多、不正出血、 視力の減退、ドライアイ   

お薦めの食材:
血を補う食材を中心に。
レバー、 クコの実、ブルーベリー、ぶどう、竜眼肉、なつめ、ごま、ひじき、黒砂糖

よく使われるのは: 婦宝当帰膠、帰膠艾湯、 田七人参




画像の説明

の不足

● しびれやけいれん ●

肝の機能を保ち、 身体の動きをスムーズに

中医学でいう「筋」は筋肉と骨についている腱、筋膜、じん帯など、 関節をサポートする器官のこと。肝は血液循環によって、筋に栄養を送りその機能を保ち、関節の運動を助けています。 肝の血が不足し血流の調節機能が低下すると、筋に十分な栄養を送ることができず、運動能力が低下し、さらに、しびれやけいれん、 足腰が動かしにくい、といった症状が起こることがあります。

 また、 肝の状態は爪に現れるため、肝の血が不足すると爪が薄くなったり、ツヤが悪くなったりすることがあります。

主な症状:

足腰が動きにくい、手足のしびれ、けいれん、ふるえ、筋肉がピクピクする、爪が薄くなる、 爪が割れやすくなる

お薦めの食材:

肝を養い、 潤いを与える食材を。
あさり、 はまぐり、しじみ、あわびなどの貝類、グリーンピース  

よく使われるのは: 抑肝散、牛黄清心丸、 婦宝当帰膠




● ドライアイや目のかすみ ●

目と肝は深いつながり

 中医学では 「肝は目につながる」といわれ、目は五臓の中でも肝と深いつながりがあると考えます。肝の血が十分蓄えられていれば、 必要な栄養や潤いがいきわたり目も良く見えるというわけです。過労や老化などで肝の働きが低下したり、肝の血が不足すると、 眼精疲労や目のかすみ、視力の低下、ドライアイなどの症状が現れることも。

 目のトラブルを感じたら、肝の働きを助ける食材を積極的にとりましょう。 おやつがわりに、クコの実やブルーベリーのドライフルーツを、菊花はお茶にして楽しみましょう。 菊花は高ぶった気持ちも静めてくれます。

主な症状:
ドライアイ、視力の低下、充血、目のかゆみ、目の痛み

お薦めの食材:
肝と目にいい食材を積極的に摂りましょう。
うなぎ、 レバー、ブルーベリー、人参、クコの実、菊花、あわび

よく使われるのは: 杞菊地黄丸




春の陽気を楽しんで、ストレスを発散

暖かくなり心身の活動が盛んになると、 それに伴って感情の起伏も大きくなります。また、春は生活環境の変化も多く、ちょっとしたストレスで精神が不安定になることも。

 せっかく気持ちのいい陽気ですから、 早起きをして散歩を楽しむなどストレスを溜めない習慣を心がけ、心もカラダもスッキリ気持ちよく過ごしましょう。


暮らしの養生

早起きを心がけ、散歩などの軽い運動で春の陽気を楽しみましょう。

頭部のフラッシングやマッサージを。気分もリフレッシュできます。

香りのいい花茶(ジャスミン茶や菊花茶)でストレスの発散を。

ツボのマッサージも効果的です(太陽、内関、三陰交)

(チャイナビュー 137号より)

この記事が掲載されている情報誌[チャイナビュー]をご希望の方に差し上げます。お気軽にどうぞ!今回は「パンダの特集」もありますよ。
画像の説明 画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional