中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

「高血圧」「低血圧」を体質から改善

漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

(中医学講師 菅沼栄先生)

 「高血圧」「低血圧」を体質から改善

涼しい秋の風を感じる季節になりました。身体もホッと一息つく季節ですが、厳しい暑さから一転、この時期は急な気温の変化で体調を崩してしまうことも。気温の変化を受けやすい血圧も、季節の変わり目には注意が必要です。血圧の症状は自覚しにくいため、こまめなチェックで積極的な養生を心がけましょう。


 根本的な体質改善で、血管や血液を健やかに

 血圧は、健康状態を知る目安の一つ。高血圧は、脳血管疾患、心疾患、動脈硬化症、認知症などの病気につながる可能性があり、低血圧は、身体の無気力や冷え症といった症状を招く原因となります。

 こうした血圧以上は、その原因がはっきりしない“本態性”と呼ばれるケースがほとんど。遺伝的な要因や、食事の不摂生、ストレス、運動不足、過労といった生活習慣の積み重ねが原因と考えられています。

 中医学では、高血圧や低血圧など、血圧の不安定な状態を血管や血液の問題と考えます。例えば、血管の詰まりやドロドロ血で血行不良になる「お血(おけつ)」、体内や血に熱がこもる「血熱(けつねつ)」、血液の不足や血管力の低下を招く「血虚(けっきょ)」などの状態が、血圧の不安定を招く主な原因に。そのため、薬で血圧を正常値に戻すだけではなく、こうした根本的な原因を改善することを大切にします。

 血管や血液は、全身を巡って身体のすみずみに栄養を届ける大切な役割を担うもの。その力を養って血圧を安定させることは、五臓六腑を健やかに保ち、いつまでも元気に過ごすことにつながります。血圧に不安のある人は日頃の養生を心がけ、安定した血圧を保つ生活習慣を身に付けましょう。


「高血圧と低血圧の目安」
・高血圧:最高血圧(収縮期血圧)140mmHg以上、
  または最低血圧(拡張期血圧)90mmHg以上
・低血圧:最高血圧(収縮期血圧)100mmHg以下、
  または最低血圧(拡張期血圧)60mmHg以下




 秋に血圧が不安定になるのはなぜ?

 夏の体調や精神的な要因など、秋に血圧が不安定になる原因はさまざま。思い当たるものがある人は、意識して血圧の状態をチェックしてみましょう。

原因1
夏に大量の汗をかくと、水分が失われて血が濃くなり、流れが悪くなって血管に圧力がかかる。

原因2
 気温が急に低くなると、血管が収縮しやすく、血圧も上昇傾向に。

原因3
 秋は気分が落ち込みやすい時期。ストレスをうまく発散できないと、自律神経失調から血圧が不安定に。

原因4
 夏に体力を消耗して回復が遅れると、体内の気・血が不足して低血圧を起こしやすい。



 タイプ別・血圧の養生法

[高血圧]
血行不良の「お血」タイプ

サラサラ血で血流をスムーズに

 高血圧の直接的な原因で、血管に溜まった汚れやドロドロ血で血流が悪くなり、血管に圧力がかかってしまうタイプです。血管の詰まりやドロドロ血の主な原因は、体内に溜まる「痰湿(余分な水分や汚れ)」。肥満気味の人、高脂血症の人、コレステロール値が高めな人などは、痰湿が溜まりやすいので注意しましょう。

 お血の状態が続くと、血と一緒に流れる水分も停滞して、さらに痰湿が溜まってしまうことも。また、高血圧が慢性化すると、血管が徐々に硬くなって、血が流れにくくなることもあります。こうした悪循環を防いで血圧を安定させるためには、血流をスムーズに保つことが大切。血をサラサラにして、血管を柔軟にする生活習慣を身に付けましょう。

主な症状
痛みが多い(頭痛、胸痛、胸苦しさなど)、めまい、しびれやすい、しこりがある、冷えやすい、舌の色が暗い、

食の養生
血流をスムーズにして、血管の若さを保つ食材を。
[血に作用する]
●黒豆  ●黒キクラゲ  ●なす  ●小豆

[血流を良くする]
●玉ねぎ  ●にんにく  ●ねぎ  ●らっきょう  ●紅花

[血管の若さを保つ]
●わかめ  ●昆布  ●ひじき  ●サンザシ

★よく使われるのは:イスクラ冠元顆粒、焦三仙

(続く・・・)






































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional