中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

おかあさんはわが家の食医!

アラカルト
おかあさんはわが家の食医!
毎日の食事のひと工夫で、健康美を手に入れよう!
糖尿病の予防と対策 ●メタボリック・シンドロームの予防&対策をしよう!
●女性の体の節目は7歳ごと、食養生で病気知らずをめざそう

おかあさんは我が家の食医!

女性の体の節目は7歳ごと、食養生で病気知らずをめざそう!

画像の説明
月経痛、PMS(月経前症候群)、不妊症、不正出血、更年期障害など、女性特有の症状に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。中医学でいうと、これらの症状は“血の異常”と深く関係しています。食養生で“血”の働きをよくし、元気な体を取り戻しましょう!

初潮〜閉経後まで女性ホルモンに影響される女性の体

今は女性の社会進出も盛んになりましたが、人間も生き物と考えると妊娠・出産は女性にとって大きな役割の一つといわれています。そのために女性の体は女性ホルモンに守られています。たとえば、高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病は閉経後に急増することが知られています。その理由は、それまで女性の体を守ってきた女性ホルモンのエストロゲンの分泌が、閉経によって激減するからなんですね。

月経痛や更年期障害などの女性特有の症状も、女性ホルモンのバランスが崩れることで発症することが多いものです。それだけ、女性の健康にとってはホルモンの影響が大きいのです。

約2000年前の漢の時代に書かれた医学書『黄帝内経』には、女性の一生は7の倍数でその節目を迎えると記されています。たとえば、14歳で初潮を迎え妊娠に向けて準備が始まり、 21歳で永久歯が出そろい、 28歳になると身体機能・ 性機能ともピークを迎えます。35歳からは気血が衰えはじめ、 42歳からは徐々に女性ホルモンの分泌が減少し、 生理周期が不規則となり、49歳で閉経を迎えると入った具合。

不思議なことに、これは現代医学の女性ホルモンによる月経、妊娠、更年期のサイクルとぴったり一致しています。医学が格段に進歩した現代でも、女性の体の変化は2000年前とほとんど変わらないのですね。
画像の説明



血を補い、血行を良くして、婦人対策を

こうした女性ホルモンに影響される女性の健康には、中医学では腎、脾、肝と、気血水が関係すると考えます。つまり、食事の不摂生、運動不足、仕事や育児のストレスなどによって腎、脾、肝の機能が減退して、気血水が不足したり滞ったりすると月経痛、PMS、不妊症、不正出血、更年期障害、おりものなどの異常が現れやすくなるというわけです。

特にこれらの症状に共通するのが、 [血の異常]です。たとえば月経痛のおもな原因は、血が不足する[血虚]や血の巡りが悪くなる) 血?。 中医学には[不栄則痛 (血液の栄養が届かないと痛みになる)]と[不通則痛 (血液がうまく流れないと痛みが出る)]という言葉があり、 血虚と 血は痛みのおもな原因と考えられているのです。

ですから、女性特有の症状に悩んでいる方は、血を補い(補血)、血行をよくする食べ物を積極的にとるようにするとよいのです。

補血の食材でのおすすめは、鉄分の多いレバー、牡蠣、ほうれんそう、小松菜、赤い色の食材のトマト、小豆、プルーン、ナツメ、ザクロなど。ミネラルが豊富な黒い色の食材(黒豆や黒ゴマ、黒きくらげ)も補血に役立ちます。烏骨鶏は日本ではあまり使われませんが、中国では補血作用が優れ、良質な蛋白源として珍重されている食材。月経痛などの症状がひどい人はちょっと奮発して、烏骨鶏の肉や卵を試してみてはどうでしょう。

血液の流れをよくする食材では、黒酢や蟹、どじょう、体を温める作用のある玉ねぎ、にんにく、しょうが、青魚、また赤い色の食材の紅花、サフラン、山査子などがおすすめです。

また、腎虚(腎の機能低下)を補う食材には、えび、うなぎ、スッポン、あわび、黒豆、松の実、クルミなど。脾虚を補う食材には牛肉、鶏肉、玄米などの穀物類や長いも、じゃがいもなどのいも類。肝虚を補い、気の流れをよくさせる食材には、いか、たこ、しじみ、あさり、セロリ、春菊、にら、オレンジなどがあります。表のように年代によってなりやすい体質がありますから、その体質に合った食材を上手に取り入れましょう。

男性でも、めまいがしたり疲れやすい人は血虚タイプ、高脂血症や高血圧の人は 血タイプになりやすいと考えられます。血の異常を改善する食材は、家族の健康にも役立つはずですよ。

(チャイナビュー 104号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional