中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

からだの中のおけつをなくし、脳と心臓を守る

Dr.叢血液健康学
からだの中のおけつをなくし、脳と心臓を守る

Dr.叢のいきいき元気

血液健康学

画像の説明

 からだの中のおけつをなくし、脳と心臓を守る

画像の説明 

 ドロドロになった血液が血管を襲う! 痛む、しこる、黒ずむの三大症状を見逃すな

 日本の三大死因といえば、ガン、心臓病それに脳卒中です。心臓病とは狭心症や心筋梗塞、脳卒中とは脳梗塞や脳出血のことであり、いずれも血管、血液の病気です。

血液はいつもサラサラの状態で、血管内を滞りなく流れていなければなりません。

 血液が汚れてドロドロの状態になると、流れが滞ったり、血管内でつまりやすくなります。こうなると心臓や脳の血管に酸素や栄養分が十分にいきわたらず、さまざまな病気の原因となります。

 長寿国日本では近年、心臓病では心筋梗塞、脳卒中では脳梗塞が急増しています。これらの病気は、ときに重大な結果を招くため、その原因となる血管・血液の健康管理が口やかましく言われるようになりました。

 そこで皆さんにもっと注目してほしいのが、中医学の「おけつ」という考え方です。



 体内の血液が滞るメカニズム

 瘀血(おけつ)とは、「血液の質が悪くなり、粘り気を増して流れが悪くなったり、固まりやすくなった状態」のことです。

 中医学ではこの瘀血(おけつ)を、脳や心臓などの循環器疾患だけでなく、冷えや肩こりなどの軽いものから、ガン、肝臓病、腎臓病などに至るまで、さまざまな病気の引き金になるものとして警戒しています。瘀血(おけつ)は万病の元なのです。

 体内に瘀血(おけつ)が生じるメカニズムは、次の3つに大別できます。

 中医学では、生命活動を維持するうえで「気」の働きを重視しています。気には体内に血液を巡らしたり、臓腑の活動を促したりする働きがあります。一つめにあげられるのが、血液を全身にめぐらせる心臓の働き(心気という)の低下です。
 二つめは、血管の収縮によって血液の流れが悪くなるもの。
 三つめは、血液そのものの質が変化して、サラサラのものがドロドロになり、流れが滞るものです。


 原因はストレス、偏食、運動不足

 これら3つの要素には、いろいろな原因が考えられますが、現代人にとって避けて通れないものの一つに、ストレスがあります。精神的に強い緊張が生じると、心拍数が上がるとともに、血管が収縮して血圧も高くなります。これは心臓にとってかなりの負担となります。やがて心気不足となって、動脈硬化などの原因となります。

 二つめは食事です。高カロリー、高コレステロールの偏った食事を続けていると、血液粘土が上がって、流れが悪くなります。これも動脈硬化の原因となります。

 三つめは運動不足からくる血行不良です。自分は大丈夫だろうと思っている人のなかにも、実は瘀血(おけつ)の症状があるものです。現代人の約8割に瘀血(おけつ)の症状が見られるとの報告もあるくらいです。

 血には、痛む(頭痛や生理痛、胸の痛みなど)、しこる(肩こりなど)、黒ずむ(皮下出血や目の下のアザなど)、特有の症状があります。これらの注意信号は、体内に発生した瘀血(おけつ)をいち早く見つけ出し、治療するための手がかりになるものなので見逃してはいけません。


 「つまる」「切れる」を予防する丹参製剤

 この瘀血(おけつ)に対し、中医学では値を生き生きとさせて、血の滞りを解消させる方法があります。それが活血化瘀と呼ばれる治療法です。中医学には、そのための活血化瘀(血行改善)薬がたくさんあります。

なかでも代表的なものに、シソ科の丹参を中心とする丹参製剤があります。丹参は日本ではあまりなじみのない生薬かもしれませんが、中国では古くから活血化瘀の治療薬として用いられています。

丹参は単独で用いても、生理痛など瘀血による痛みなどを改善し、活血化瘀の働きをもっていますが、他の生薬と組み合わせることによって、さらに効果の高くなることがわかっています。

日本には丹参に紅花、木香、香附子、芍薬、センキュウを成分にした製剤が中国から輸入され販売されています。

 ひとくちに瘀血といっても、治療法や原因は千差万別ですので、併用する薬が変わってくることもあります。薬剤師にきちんと相談してから服用することが大切です。

(週刊読売 1999・4・18号掲載より)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional