中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

がんは細胞の病気

がん予防の最前線

がんは細胞の病気

がんは無限、無秩序に増殖し、周囲の組織を破壊したり、組織に侵入(浸潤)し、がん細胞の一部がもとのがん組織を離れて近くの組織や他の臓器で増殖する(転移)という特徴的な性質(悪性形質)を持っています。

がんはもともと一つの悪性の細胞が増殖してできると考えられており、悪性の細胞が増殖してできる子孫もまた悪性の細胞なのです。つまり、悪性形質は細胞から細胞へと遺伝的に伝えられることから、細胞の遺伝子の異常が原因でがん細胞が発生すると考えられます。

事実、正常な細胞とがん細胞を比べてみると、がん細胞ではいくつもの遺伝子の構造が異なっていたり、複数の遺伝子を含む領域がなくなっていたり、あるいは同じ遺伝子が何回も繰り返して存在していたりします。がん細胞のこうした遺伝子の異常は一度に起こるものではありません。

正常な細胞のいくつかの遺伝子に異常が積み重なるには長い年月が必要です。病院で発見する臨床的ながんは大きく二つの期間を経て発生します。一つは、正常な細胞が「がん化」するまでの期間で長い年月を必要とします。もう一つは1個のがん細胞が臨床的にがんと診断される大きさ(少なくても1gから10g)に増殖する期間で、これにも長い年月が必要です。

 
1gのがん組織には1億個から10億個のがん細胞が含まれていて、1個のがん細胞がここまで増えるのには細胞の数が倍になる倍化(ダブリング)という過程を少なくても30回経る必要があります。多くのがんの倍化時間は2〜3ヶ月と言われていますので、がん細胞が体内にできてから臨床的にがんと診断されるまで5年から8年かかります。正常な細胞のがん化には、さらに長い10年以上の年月が必要です。

したがって、正常な細胞の遺伝子に最初に異常が発生してからがんと診断されるまでの潜伏期間は15年以上と考えられています。この長い潜伏期間は、臨床的ながんとなる前、特に正常な細胞ががん化するまでの間に予防できる可能性を示すものです。

がんは1個のがん細胞を起源とすると考えられますが、増殖する過程のなかで、がん細胞を取り巻く環境に応じてさまざまに変化し、臨床的に見つかった時点では多様な性質を持つがん細胞の集合として見出されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional