中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

つらい頭痛をスッキリ!

hi漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

 つらい頭痛をスッキリ!

中医学講師 菅沼 栄先生

画像の説明 

多くの人が悩まされる頭痛。痛みを感じるとつらいものですし、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともあります。鎮痛剤に頼るだけでなく、まずは自分の体質を見直して、身体の中から頭痛を予防するよう心がけましょう。



 気血の流れをスムーズにして、頭痛体質を改善

 頭痛にはさまざまな症状があり、そのタイプは大きく2つに分けられます。1つは、風邪や湿気など外から入ってくる邪気の影響で起こる「急性の頭痛」で、ズキズキ、ガンガンする強い痛みが特徴。もう1つはキリキリと刺すような痛みや、重く締め付けられるような痛みが多い「慢性の頭痛」で、一般に多く見られる偏頭痛などはこのタイプにあたります。

 中医学では、こうした頭痛の主な原因は「不通即痛(通じざれば即ち痛む:流れが滞ると痛みとなる)」と考えます。つまり、気や血の流れが悪くなると頭痛などの痛みが発生するということです。ドロドロ血や水分代謝の低下、ストレス、かぜなどが主な原因となります。

 また、脳にとって大切な「気(生命エネルギー)」や「血(血液、身体の働きを栄養素)」が不足することで、頭痛が起こることも。このような状態を「不栄即痛(栄えざればすなわち痛む:栄養が足りなければ痛みとなる)」といいます。

 このように、頭痛は身体全体の問題として考えることが大切。痛みを抑えるだけでなく、体内を健やかに保つことで、頭痛が起きにくい体質に改善することを心がけましょう。

 ただし、頭痛には脳腫瘍やくも膜下出血など重大な病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。がまんできないほどの激痛を感じたり、日を追うごとにジワジワと痛みが強くなったりする場合には、すぐに病院で検査を受けるようにしてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional