中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

エーゲ海の新ハーブ

FrontPage
エーゲ海の新ハーブ

画像の説明

効果が嬉しいエーゲ海ハーブ

 ピロリ菌除去で世界が注目「エーゲ海の新ハーブ」

九州大学大学院准教授 宮本智文先生 

胃ガン・胃潰瘍予防には原因のピロリ菌の除去が急務で世界注目の新除菌法は「エーゲ海ハーブ」


 ピロリ菌は胃酸から身を守り生き抜く

 日本人に多い胃炎や胃・十二指腸潰瘍は、以前、ストレスや塩分の多い食事によって起こると考えられていました。
 しかし、1983年、オーストラリアのウォーレン医師とマーシャル医師の研究によって、ピロリ菌が発見され事態が一変しました。ピロリ菌が、胃炎や、胃・十二指腸潰瘍、さらには胃ガンなどを引き起こす原因だとわかったのです。
 
 

 本来、胃の中は強い酸性に保たれており、生物が住みつくような環境ではありません。ところが、ピロリ菌は、自身の持つ「ウレアーゼ」という酵素で強アルカリ性のアンモニアを作り出します。そしてアンモニアで自分のまわりを覆い、強酸性の胃酸を中和して胃の中で生きつづけるのです。
 そのさい、ピロリ菌の作り出すアンモニアやそのほかの毒素で、胃粘膜が傷つけられます。
そこに炎症が生じて胃炎や胃・十二指腸潰瘍が起こるのです。

 胃・十二指腸潰瘍の人の80%は保菌者

ピロリ菌が招く病気

ピロリ菌に感染すると、胃・十二指腸潰瘍になったり、慢性胃炎から萎縮性胃炎、胃ガンになる可能性もあります。

また、機能性胃疾患、胃ポリープなどにもなります。
画像の説明

 ピロリ菌は食べ物や飲み水から感染する経口感染がほとんどで、多くは胃酸の分泌が未成熟な幼少時に感染すると考えられています。現在、日本におけるピロリ菌感染者は6000万人ほどいると推測されますが、その約7~8割は衛生環境が十分整っていなかった時代に生まれた50歳以上が占めています。

 
 ただし、ピロリ菌に感染したからといって必ずしも胃の病気にかかるわけではなく、胃炎や胃・十二指腸潰瘍、胃ガンを発症している人は、その一部にすぎません。
 とはいえ、胃・十二指腸潰瘍の患者さんの80~90%はピロリ菌保有者で、これが直接的な原因になっていることは明らかです。したがって、ピロリ菌対策を視野に入れた治療を行わなければ、症状の再発を何度もくり返してしまいます。

 
 また、ピロリ菌と胃ガンとの関連性については、1994年、WHO(世界保健機構)とIARC(世界がん研究機関)から「確実な発ガン因子」と認定されています。ピロリ菌によって胃粘膜に炎症が起こり、それが長く続く慢性胃炎の状態になると、粘膜がしだいに萎縮して萎縮性胃炎へと進行し、最終的に胃ガンを発症するのです。
 その過程で問題となるのが、ピロリ菌が有する「CagA(キャグエー)」という毒素です。ピロリ菌は、小さな針を使ってCagAを胃粘膜の上皮細胞に注入します。細胞内に侵入したCagAは、細胞の分裂や増殖をコントロールしている「SHP2」という分子と結びつき、上皮細胞の異常な増殖を引き起こします。その結果、細胞がガン化してしまうのです。


 ピロリ菌に感染しているかどうかは、内視鏡検査のほか、尿や便、血液、呼気による検査で確認できます。そして、感染が確認された場合、すでに胃炎や胃・十二指腸潰瘍を経験しているなら、すぐにでも除菌治療を開始しましょう。


 除菌治療は、2種類の抗生物質と、胃酸を抑える薬剤を1日2回、7日間服用し、4週間以上あとに、除菌できたかどうかを検査します。
 もし、除菌に失敗したら、初回とは異なる薬を再度、7日間飲んで再検査となります。最近になって、除菌治療に関する保険適用範囲が広がり、軽い胃炎でも保険が適用されるようになりました。とはいえ、薬剤を用いた除菌治療にも盲点があります。まず、除菌成功率は1回目の治療では70%、再治療で90%と全員が成功するわけではありません。


 また、抗生物質により下痢や腹痛、発熱などの副作用も起こる場合があるほか、薬剤の耐性菌が生まれるというリスクもあります。さらに、除菌に成功しても、特に高齢者など人によっては胃の不調がよくならない場合があることも指摘されています。

(わかさ 2013年6月号より)







































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional