中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

カラダの中から花粉症対策

漢方の知恵袋
カラダの中から花粉症対策

         漢方の知恵袋

 カラダの中から花粉症対策

 中医学講師 菅沼 栄先生

中医学では、“次の季節の病気に備えて早い段階から身体を整える”ことが大切であると考えています。もうすぐ迎える花粉の季節に備え、早めの体質改善で春を穏やかに乗り切りましょう。

早めの「体質改善」が症状緩和のカギ

 中医学では人間は自然界と密接に関わっており、健康状態や体調は季節や気候の変化などから様々な影響を受けていると考えています。季節の特徴を六気(ろっき)「風(ふう)・寒(かん)・署(しょ)・湿(しつ)・燥(そう)・火(か)」とし、春は「風」が活発になる季節とされています。多くの人が花粉症に悩まされる春は、「風」の影響を受けやすい時期。風は過剰になると邪気「風邪」となって花粉やウイルスなどを運び、体内に侵入します。その結果、花粉症や風邪などにかかりやすくなってしまうのです。

 このような邪気の侵入を防ぐ役割を果たすのが、身体に備わる「衛気(えいき)」。心身ともに健やかでバランスが保たれている身体は、衛気が強く花粉やウイルスも寄せ付けません。また、体内に侵入してもすぐに対応できるチカラを持っています。

 ところが、不摂生な生活や過度のストレスなどで心身のバランスが乱れていると、衛気が低下して邪気の侵入を受けやすくなってしまいます。花粉によるアレルギー症状も起こりやすく、また対応するチカラも弱いので症状が強く現れたり長引いたりすることにもつながります。

 “治ることのない体質だから”とあきらめている人も多い花粉症ですが、症状が重くなるか軽くなるかはは身体の状態によって変わります。花粉の季節を迎える前に体質をしっかり整え、衛気の強い健康な身体づくりをしましょう。

 花粉症の症状が現れたときは、体質や症状を見極めて早めに対処することが大切です。つらい症状は精神的にも苦痛で、長引くと全身のさまざまな不調につながることも。長期化、重症化を防ぐためにも、適切な対応を心がけてください。

 花粉に負けない身体作り 〜花粉症の予防〜

衛気の弱い体質のまま花粉の季節を迎えると、花粉の影響を受けやすく重い症状に悩まされることも。冬の間に身体をしっかり整えて、心身ともに健康な「衛気の強い身体づくり」を心がけましょう。

“元気”が基本!  根本的な身体のチカラを養う

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional