中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

ガンの合併症血栓と出血にご用心

Dr.叢血液健康学
ガンの合併症血栓と出血にご用心

Dr.叢のいきいき元気

血液健康学

画像の説明

ガンの合併症血栓と出血にご用心

ガンという病気は、まだ全容が解明されたわけではありませんが、いろいろな角度から治療法が研究されています。今回はガンに多く見られる血管のトラブル「血栓」について見ていきましょう。

血栓の発生率は腺ガンがトップ

 ガン患者に見られる血栓の合併症の発生率は非常に高くなっています。

ガンで死亡した20人の患者の死因を調べた、ある研究グループの報告によると、ほぼ全員に微小血管の血栓があり、その中の9人は大きな血管に血栓が見られました。

また、別の研究者が547例の白血病と脳ガン患者の死因を調査した結果によると、47、5%〜50、3%の患者に血栓が見つかり、胃ガンや大腸ガンに代表される腺ガンでの発生率が最も高くなっていました。

膵臓ガンでの血栓発生率が66、7%で最も高く、肺ガン、胃ガン、卵巣ガンでも50%以上となっていました。

ガンで突然死した患者のうち、肺動脈血栓の発生率は45〜55%に達しています。また、血栓の多くは、浅い表面の静脈血栓あるいは下肢の深部静脈血栓となっています。


ガンと血栓の関係

 ガンの合併症としての血栓によって起こる出血の多くは、広い範囲にわたる血管内での血液の凝固(凝血)が原因です。ガンによって凝血を促す物質が少しずつ放出され、慢性的な血管内での凝血が起こります。

中医学では、これは瘀血(血液の滞り)によって血液が経脈(気や血液などが体内を流れる通路)に戻れないために起きるものと考えています。これに伴って皮膚や粘膜に出血や紫斑、あるいは胃腸や泌尿器系に出血が見られます。

ガンが血栓を引き起こすのは、ガン細胞が何らかの原因で血小板の凝集を誘発したり、血液を凝固させる物質を放出するためです。例えば、ガン細胞は他の組織を破壊し、凝結因子を放出させて凝血システムを刺激します。さらに血管の内皮細胞を破壊し血小板の凝固を引き起こしたり、凝固を抑える活性力が弱くなって、血漿中の抗凝血酵素の水準が低下するなど原因はさまざまです。

以上により、患者の血液が高凝固状態となって、血栓と慢性血液凝固引き起こしてしまうのです。

ガンの特徴は、血栓がある場合、出血を起こしやすいことです。
従って、漢方治療では血液の流れをスムーズにさせて血栓を防ぐと同時に、止血効果のある薬を選ぶことが大切です。例えば、田七人参(でんしちにんじん)、茜草(せいそう)、丹参(たんじん)、赤芍(せきしゃく)、血竭(けっかつ)などや、それらの中成薬が用いられます。


予防と治療の「三早」戦略

 ガンの有効な予防と治療のポイントは、早期発見、早期診断、早期治療の「三早」戦略です。

 現代の医療では、約70〜90%の早期ガンは治療が可能です。早期ガンというのは、ガン細胞の数が約100億〜1000億個、中期ガンでは約1000億〜一兆個、末期ガンでは一兆個以上といわれています。

早期ガンは視覚的な検査方法では発見が難しいので、必ず生化学的
検査を行うことです。

ガン細胞は、ある種の特殊なタンパク質を作ります。この物質は血液や尿から検出することができます。これが腫瘍マーカーです。

例えば、消化器系のガンではCEA、肝ガンではAFPなど多数の物質が知られています。また、肺ガンではP53ガン抑制遺伝子の変異を伴います。

一方、DNAの損傷具合を測ることでガンの可能性を調べることもできます。損傷の度合がひどければ、細胞の突然変異が起こる可能性があります。

いずれにしても、しっかりした検査方法によってのみ、早期発見、早期予防が可能になるのです。

(週刊読売 1999年11月21号より)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional