中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

チャイナビュー健康サロン

アラカルト
チャイナビュー健康サロン
new健康のバロメーター「生理痛」中医学の内臓論「五臓の働き」  ●中医学の免疫システム「衛気」
免疫アップで風邪予防 ●自覚が大切な男性の更年期 ●年齢と共に変化する「女性の更年期」�」? ●体質別で症状を改善する「女性の更年期�」? 

眼精疲労は「肝」の失調から

包 海燕(ほう かいえん)先生

画像の説明
 パソコンや携帯電話などが普及した現在、モニター画面と向き合うことも多く、何かと目を酷使する機会が増えています。目の疲れだけでなく、肩こりや頭痛、イライラなどの症状が現われることもあります。症状が進まないうちに目の疲れを癒しましょう。

「肝は目に穴を開く」。血液の消耗に要注意

 目のかすみや渇き、充血、目の奥が痛む、まぶたの痙攣など、眼精疲労の症状はさまざまですが、単に目の疲れとあなどっていると、頭痛や肩こり、吐き気などの症状に悩まされることもあります。

また、眼精疲労は肝臓などの内臓疾患が原因になっている場合もあり、糖尿病や脳腫瘍などの症状として現れることもあるので、長期的な眼精疲労がある場合は、そのまま放置せずに、病院で検査をしてみることが大切です。

「肝は目に穴を開く」という言葉があるように、中医学では、目は血液の」貯蔵庫である「肝」と深い関わりがあり、目を使うことで血液が消耗されると考えています。長時間パソコンを使用したり、テレビを見たりすると、さらに血液が消耗されて、目に栄養が行き渡らなくなり、目がかすんだり、充血したりします。

こうした状態が続くと、やがて血行障害による頭痛や肩こりなどが生じ、精神を安定させる機能にも影響を及ぼして、イライラするなどの精神的な症状も現れます。

 眼精疲労は大別すると、体質によって次の二つのタイプに分かれます。

肝血虚タイプ

 パソコンなどを扱う機会が多い若い世代に多いのが特徴です。心身の疲労やストレス、ダイエットによる食事制限、偏食などの食生活の不摂生や睡眠不足、胃腸障害などが原因で、血液が不足したタイプです。

主な症状=目の乾きやかすみ、肌のカサツキ、髪のパサツキ、貧血、手足の冷えやしびれ、生理痛、眠りが浅い、血色が悪い、舌の色は白っぽく薄いなど。

改善方法=不足した血液を増やして気のめぐりをよくすることがポイント。主な処方に補血作用がある婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」などがあります。

肝腎陰虚タイプ

 中高年に多く見られるのが特徴で、老化に伴い肝機能だけでなく、腎の機能も低下してしまった状態。心身の疲れやストレス、慢性病や老化による体力の低下などが原因で、肝と腎の陰液(体液)が消耗したタイプです。

主な症状=目の痛みや充血、めまい、耳鳴り、手足のほてり、喉の渇き、足腰のだるさ、のぼせやイライラ、舌の色は赤みが強く、舌苔が少ないなど。

改善方法=肝と腎の陰液を補い、体の余分な熱をさまして機能を高めることが大切。
代表的な処方に、「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」や「八仙丸(はっせんがん)」などがあります。

 また肝は腎によって養われる「肝腎同源(かんじんどうげん)」の関係にあるので、どちらのタイプも、プルーンやナツメ、緑黄色野菜、クコの実、豚肉やレバー、貝類、菊花茶など肝と腎を補う食事を心がけましょう。

代表的な漢方薬

肝血虚タイプ
(若い世代の多い血液不足)
症状:目の乾燥、肌荒れ、貧血、冷え性、生理痛など
主な処方:婦宝当帰膠、参茸補血丸など

画像の説明                    
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

画像の説明
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

肝腎陰虚タイプ
(中高年に多い老化現象)
症状:目の充血、喉のかわき、ほてり、足腰のだるさなど
主な処方:杞菊地黄丸、八仙丸
画像の説明
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)





























powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional