中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

不妊症

中国漢方活用術
不妊症

中国漢方活用術

叢 法滋(そう ほうじ)先生

画像の説明

不妊症

近年、女性の不妊症が増えているといわれています。原因として注目されているのが、「内分泌かく乱化学物質」いわゆる「環境ホルモン」です。環境汚染によって、私たちの体内にとりこまれた「環境ホルモン」が生理不順を引き起こし、不妊症を誘発するという説ですが、不妊症の大きな要因がこの生理不順なのです。今回は不妊症と生理不順の関係、そしてこの改善法を中心にお話ししましょう。

 妊娠を希望している夫婦が二年以上、通常の性生活を行っているにもかかわらず妊娠しない場合を不妊症と定義し、男性側には問題がない場合を女性不妊症といいます。不妊症の治療法として、近ごろ問題となった非配偶者間人工授精は特殊な例としても、体外受精や胚移植法、顕微授精など様々な外科的治療が盛んに行われていますが、ここでは漢方薬の投与のみで妊娠をめざす、女性不妊症の治療法をご紹介していきましょう。

不妊の原因には様々なタイプがあります。排卵障害や子宮内膜症によるもの、精子に対する抗体ができてしまうものや、原因不明の症例も少なくありません。この中で漢方薬が有効なのは、排卵障害、黄体機能不全といったホルモン異常が原因のものと、子宮頸部や輸卵管炎症が原因のものです。

では、まずホルモン異常について見ていきましょう。ホルモン異常とは女性ホルモンの一種・エストロゲンと、もう一つの女性ホルモン・プロゲステロンがバランス良く分泌することによって初めて成り立つもの。つまりホルモン異常とは、生理不順の他なりません。

そこで中医学では生理不順を解消し、正しい周期で排卵が行われることにより妊娠をめざすのです。

生理不順の原因の一つは、虚弱体質や過剰なダイエットにより栄養不足となり、気血不足に陥ること。月経の基本は血ですから。気血が充実しない限り月経は順調にいきません。栄養価の高い食事を心がけ、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)で気血を補ってください。

二つ目は、ストレスや体が冷えることによって気血の流れが滞ること。血液が滞ってしまったらやはり生理は順調にいきませんね。生ものや冷たい物はなるべく控え、生理中は保温に気を配って下さい。また冠元顆粒(かんげんかりゅう)には気血の流れを良くする作用があります。

最後は女性ホルモンを生み出す「腎」の機能低下。これは亜鉛やマンガンなど微量元素の不足によって起こります。クルミなどの食べ物からでも微量元素は補給できますが、食用蟻を使った食品は、微量元素がバランス良く配合され吸収率も高いので効果的といえます。

もう一つの不妊の原因は子宮頸部、輸卵管などの炎症によるもの。子宮頸部の炎症は、性行為によるクラミジアの感染や、湿熱邪によって起きる場合もあります。子宮頸部の炎症を見分けるサインはおりもの。急性のものは臭いがある黄色いおりもの、慢性なら白いおりものが特徴です。炎症を抑えるには瀉火利湿顆粒がベストでしょう。


不妊症

■病因
中医学の病因
・七情内傷
・偏食
・寒湿
・湿熱

西洋医学の病因
・ストレス
・栄養不良
・内分泌系の失調
・炎症
・環境ホルモン

■病理
・臓腑の機能の失調
・衝脈、任脈の損傷

■証型と主な症状

●気血不足型
 ・顔色蒼白
 ・動悸
 ・生理の量が少ない
 
 漢方薬:婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

●腎虚肝郁型
 ・生理の前に乳房が張り、痛む
 ・足腰がだるく、無力感
 ・手足の冷え

 漢方薬:逍遥丸+海馬補腎丸

●肝腎陰虚型
 ・手足のほてり
 ・めまい
 ・足腰がだるく、無力感

 漢方薬:杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

●寒凝血瘀型
 ・生理痛、経血の色が黒く固まりが混じる
 ・下腹部の冷え
 ・生理の遅れ

 漢方薬:冠元顆粒(かんげんかりゅう)+温経湯

●肝経湿熱型
 ・黄色いおりもの
 ・下腹部の疼痛
 ・舌の色が赤く、舌苔が黄色

 漢方薬:瀉火利湿顆粒

(チャイナビュー 15号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional