中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

中国健康術「ツボ」

アラカルト
中国健康術「ツボ」

中国健康術「ツボ」

韓 小霞(はんしょうしゃ)先生

更年期障害

画像の説明

ホルモンのバランスが崩れやすい40歳から55歳ぐらいの間を更年期と呼んでいますが、抵抗力を高めることで更年期障害の症状を予防したり、緩和することもできます。自然治癒力を高めるツボで、更年期を元気に美しく過ごしましょう。

 更年期にさしかかる40歳を過ぎると腎機能の低下が始まり、ホルモンの分泌量が急激に低下するため、さまざまな症状が現れやすくなります。こうしたホルモンバランスの崩れによって引き起こされる症状を更年期障害といいます。更年期障害の不快な症状は、検査をしても異常が出ないため、他の人に理解してもらえないつらい症状です。

しかし、更年期になったからといって、誰もが更年期障害の症状を訴えるとは限りません。栄養の偏りや精神的なストレスなども影響があります。打ち込める趣味を持ったり、運動することでストレスを発散することも、症状を緩和する大切な要素です。また、症状や不安を相談できる話し相手がいることも、障害の軽減につながります。抵抗力や自然治癒力を高めるツボで、更年期を上手に乗り越えるようにしましょう。

「更年期障害の代表的な症状」

月経異常=生理不順(周期不規則、不正出血など)

自律神経失調症=ほてり、ホットフラッシュ、冷え、しびれなど

精神神経症状=頭痛、頭重、憂うつ感、不眠、イライラ、めまい、耳鳴りなど

皮膚症状=皮膚は薄くなり、粘膜の乾燥によって細菌に汚染されやすい

循環障害=高脂血症、高血圧、狭心症、及び心筋梗塞の発症率が高くなる

その他=骨粗鬆症、腰痛、肩こり、関節痛など

「症状を緩和するツボ」

生理不順=気海、三陰交。

頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、ひえのぼせ=百会、風池、陽陵泉、湧泉。人差し指と薬指のマッサージ。

憂うつ感、不眠、イライラ=神門、三陰交。中指と小指のマッサージ。

ワンポイント

ツボの治療方法には指で押す「指圧」だけではなく、さまざまな方法があります。主に使われているのは「針刺」(針で刺す方法)、「温熱」(お灸、赤外線、温泉、貼るタイプのカイロを利用する方法)、「滋石」(磁気つきのテープを貼る)などです。自宅で行う自己治療に向いている方法は、お灸や磁石です。背中など、自分で手が届かない場所は、家族や友人に手伝ってもらうようにしましょう。




更年期障害を緩和するツボ

百会(ひゃくえ)
画像の説明
頭のてっぺんで左右の耳の先端を結んだ線上の真ん中。
治療法:お灸する(簡易灸3個)

風池(ふうち)
画像の説明
襟足の1cm上。後頭部の真ん中から横に3cmほどのくぼんだ所。
治療法:人差し指でもみほぐす。

神門(しんもん)
画像の説明
手のひら側、手首の一番小指側の下にある小さな骨(豆状骨)の内側。
治療法:磁気つきテープを貼る。または爪楊枝の頭で刺激する。

三陰交(さんいんこう)
画像の説明
内くるぶしから真上に6cm、すね骨の後ろ1・5cmの所。
治療法:磁気つきテープを貼る。またはお灸をする(簡易灸3個)。

陽陵泉(ようりょうせん)
画像の説明
足の外側で、ひざを曲げた時にできるシワの下にある骨の突起の下。
治療法:磁気つきテープを貼る。または親指でもみほぐす。

気海(きかい)
へその真下3cmの所。
治療法:磁気つきテープを貼る。

湧泉(ゆうせん)
画像の説明
足の裏で指を曲げたときにできるくぼみ。
治療法:お灸する(簡易灸3個)。

(チャイナビュー 39号より)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional