中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

冬のかぜ対策

漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

冬のかぜ対策

中医学講師 菅沼栄先生

空気が乾燥して日ごとに寒さも増してきました。本格的な冬を迎え、いよいよ“かぜの季節”の到来です。今年は夏の猛暑で体力を消耗し、身体の抵抗力が落ちている人も多いはず。早めの養生でかぜに負けない身体をつくり、寒い冬を元気に過ごしましょう。

 かぜは予防が肝心!ひいてしまったら早めの対処を

 中医学では、かぜは自然界の邪気「風邪」が身体に入り込むことが原因と考えます。風邪はすきま風のように体内に侵入しやすく、流動的な性質が特徴です。頭痛や鼻水、咳、発熱、節々の痛みなど発症する範囲も広く、ひき始めから治りかけまで症状が徐々に変化していきます。

また、風邪は単独ではなく、「寒邪」「熱邪」「湿邪」「燥邪」といったほかの邪気と一緒に体内に入ってきます。それぞれに症状も異なり、「寒」のかぜは悪寒が強く、「熱」のかぜは発熱や炎症を伴います。「湿」のかぜは身体のだるさや胃腸症状が強く、「燥」のかぜは長引く咳など肺の症状が顕著に現れます。

このように、一口にかぜと言ってもその症状はさまざま。かぜをひいてしまったら、そのときの症状や体質に合った早めの対応を心がけ、ひき始めの段階でしっかり治してしまいましょう。

また、疲労やストレスなどで体内の「気(エネルギー)」が不足していると、身体の抵抗力が低下し、かぜやインフルエンザにもかかりやすくなってしまいます。かぜはとにかく予防が肝心。まずは体調をしっかり整えて体力をつけ、かぜを寄せ付けない強い身体づくりを心がけましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional