中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

冷えの養生

漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

 冷えの養生

中医学講師 菅沼栄先生

画像の説明
朝晩めっきり冷え込み、暖房の温もりが恋しい季節となりました。これからは身体の冷えも気になりますね。「冷え」そのものは病気ではありませんが、季節を問わずみられる症状で、特に冬場は症状が強く現れます。中医学のチカラで身体の中から冷え対策をして、元気に冬を乗り越えましょう。

病気ではないけれど、早めの対策を

 手足が冷たい、腰や下半身が重だるく寒い、といった「冷え」は季節を問わず、誰でも経験をしたことがある自覚症状。程度は様々ですが、他の人と比べることができず、また頭痛や肩こり、生理痛などの辛い症状を伴うこともあります。

 中医学では、冷えは身体を温め栄養成分を運ぶ「気」と「血」が不足したり、身体を温めるエネルギーである「陽気」の根本となる「腎」の働きが低下した状態と考えます。

また、寒さやストレスから「おけつ(血行不良)」となり、症状として冷えが現れることもあります。この場合、血液が身体の隅々まで行き渡らず、手足の先が冷えてしびれる、痛むなどの症状が出やすくなります。

 冷えには生活習慣も大きく大きく影響しています。朝食を抜く、冷たいものや脂肪の多いもの・菓子類の過剰摂取、夜更かしや睡眠不足、運動不足、過度のダイエット、薄着、などは「気」や「血」の不足や消耗を招き、また、「陽気」を生み出す「腎」の働きを低下させてしまうので、できるだけ避けるようにしたいものです。

 基本的に、冷えの症状は身体を温める「気」「血」「陽気」が不足している時に起こりやすいので、具体的に何が不足しているかを認識して、対策することが大切です。



次の症状から簡単に自分の冷えの程度をチェックしてみましょう。

1 お風呂に入ってもすぐ冷えてしまう

2 靴下を履かないと足が冷たい

3 水仕事が多いと、手がジンジン痛くなる

4 夏は冷房に弱い

5 しもやけになることがある


 タイプ別・冷えの養生法

冷えといっても原因は人それぞれ。まずは、自分の冷えのタイプを知り不足を補いながら身体の中から冷え対策をしていきましょう。

「血」が不足するタイプ

女性は要注意!「血」が全身に行き渡らず、冷えて潤い不足に

 「血」は全身をめぐって身体を温め、各組織や器官に栄養を与えると同時に潤いも届けます。精神を安静にするのも働きのひとつです血が不足すると、温かさや栄養などを身体のすみずみまで行き渡らせることができません。月経や妊娠・出産などで血と関わりの深い女性の冷えも、血の不足が原因となっていることが少なくありません。血を消耗する夜更かしや、長時間のテレビやパソコンなどでの目の酷使にも気をつけましょう。女性の場合、特に生理中は血を補う食事を心がけて。

主な症状
手足の冷え、めまい、立ちくらみ、動悸、月経の量が少ない、
皮膚・目・口・髪の乾燥、ファンデーションののりが悪い、
眠りが浅い、便秘、舌の色は淡い


食の養生
色が黒や赤の食材、甘みのあるもので不足しがちは血をおぎないましょう

●なつめ     ●豚足     ●黒ごま     ●クコの実
●黒砂糖     ●卵      ●ぶどう     ●落花生
●赤ワイン

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional