中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

夏の上手な過ごし方

漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

中医学講師  菅沼 栄先生

 エコで元気に! 夏の上手な過ごし方

:画像の説明

厳しい暑さが続いています。節電の意識が高まる中、今年もエアコンに頼りすぎず上手に夏を過ごしたいものです。中医学の知識でカラダ本来の対応力を引き出し、暮らしの工夫を心がけ、自然に汗をかきながら元気に夏を乗り切りましょう。

 日本の夏は「暑さ」「湿気」「冷え」に注意

 夏の養生は、まず「暑さ」から身体を守ることが基本。中医学では、汗をかくと水分と一緒に体内の「気(エネルギー)」も失われると考えます。そのため、過剰に汗をかくと体内の水分やエネルギーが不足し、便秘や皮膚の乾燥、疲労感といった不調が現れるように。水分不足はドロドロ血にもつながるため、「心」や「脳」にも大きな負担がかかります。熱中症や心筋梗塞、脳梗塞といった重大な症状を招く原因にもなるので十分注意しましょう。

 また、高温多湿の日本の夏は、「湿(余分な水分や汚れ)」を溜めないことも大切。体内に湿が溜まると、脾胃(胃腸)の働きが弱くなり夏バテしやすくなってしまいます。あせもやアトピーといった皮膚トラブルも悪化しやすくなるので、水分の取り過ぎには気をつけましょう。
 エアコンの効いたオフィスなどで過ごす人は、「夏の冷え」対策も忘れずに。冷えは頭痛、肩こり、生理痛などを引き起こすほか、脾胃の不調や免疫力の低下にもつなるながります。

 こうした夏の不調を防ぐポイントは、「過度の発汗」と「質の良い水分補給」。汗をかいて自然に熱を冷まし、水分の多い食べ物や適量の飲み物(なるべく温かいもの)を摂ることで体内の潤いをしっかり保つよう心がけてください。

 エアコンに頼り過ぎず自然に汗をかくことは、とても気持ちのいいこと。カラダ本来の力を高めて、暑い夏をナチュラルに心地よく過ごしましょう。


症状別・夏を乗り切る養生法


夏に気をつけたい3つの症状別に、
暑さに負けない養生法や暮らしの工夫を紹介します。
無理をせ
ず、自分の体調をチェックしながら

“エコで元気”な夏養生を実践してみてください。



           熱 中 症

        質の良い水分補給で脱水状態を防ぐ

 夏の暑さを上手に冷ますことができないと、身体に熱がこもり、過剰に汗をかいて体内の水分や「気(エネルギー)」が失われてしまいます。体内の脱水状態はさまざまな臓器の機能低下を招くほか、ドロドロ血にもつながるため「心」や「脳」にも大きな負担に。

 熱中症は、こうした身体のダメージにより、発熱や虚脱感、めまい、けいれん、頭がもうろうとする、といった不調が引き起こされた状態。体力不足の高齢者は特に注意が必要で、重症になると命に関わる場合もあるので十分注意しましょう。
 
 身体が熱っぽい、口が渇く、皮膚が乾燥する、便秘気味、といった症状を感じたら、身体に余分な熱がこもり、水分不足になっているサイン。適度に汗をかく、潤いの多い食材や温かい飲み物で質の良い水分補給を心がけるなど、日頃の養生を心がけて熱中症を予防しましょう。


こんな症状に注意!
発熱、顔が紅い、口の渇き、皮膚の乾燥、尿量が少ない、便秘気味、下が紅い、舌の苔が少ない

食の養生
○身体に潤いを与え、熱を冷ます食材
 すいか、きゅうり、冬瓜、れんこん、荷葉(はすの葉)、緑茶、はと麦 など。
○汗を抑え、体内に水分を生む食材
 レモン、梅干、トマト、ざくろ、杏 など

★よく使われるのは
 イスクラ麦味参顆粒、イスクラ天津感冒片、西洋人参、五味消毒飲加減方、蓮子心

暮らしのワンポイント
●グリーンカーテンや遮断フィルムで部屋の暑さを和らげて。エアコンは控えめで、程よく汗をかけます。 ●ひんやり感のある夏用寝具を上手に使って、エアコンいらずの睡眠を。 ●水分補給は水より「お茶」を。利尿作用で身体の熱を冷ましてくれます。 ●夏野菜は潤いたっぷり。旬のおいしい食材を積極的に。




皮膚炎

水分の摂り過ぎはジュクジュク皮膚炎に
 夏の暑さや湿気は、炎症、あせも、湿疹などの皮膚トラブルを引き起こす原因に。皮膚の弱い人は悪化することも多く、また、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患もこの時期に症状が悪化しやすくなります。

 この時期に皮膚炎が悪化する主な原因は、水分の摂りすぎなどで体内に溜まる「湿(余分な水分や汚れ)」。余分な水分が身体に溜まると、皮膚にも影響してジュクジュクと悪化した状態になってしまうのです。

 養生の基本はす身体の熱を冷まし、湿を取り除くこと。また、汗をかいて皮膚の代謝を高めることも大切です。水分の摂り過ぎは控え、適度な発汗を心がけて、皮膚炎のつらい症状を和らげましょう。

こんな症状に注意!
皮膚の炎症、ジュクジュクした皮膚炎、皮膚のかゆみ、不眠気味、下が紅い、舌の苔が厚い

食の養生
○熱を冷まし、湿を取り除く食材
はと麦、緑茶、春雨、ビーフン、枇杷、どくだみ茶 など。

★よく使われるのは

 




























}}

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional