中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

夏バテにご用心!

今月の話題

夏バテにご用心!

画像の説明

  おはようございます。渡辺です。お元気ですか?今年の暑い夏を乗り越えようとしているあなたの体と心が悲鳴をあげていませんか?

夏の終わりから秋口にかけて、溜まった疲れや食欲不振から体調不良に悩まされる人が多くなっています。夏の疲れはなかなか抜けにくいですね。秋に疲れを残さないために、夏バテは早めに解消しましょう!

 私たちの身体は、「気(エネルギー)・血・水」の3つの要素で成り立っていると中医学では考えます。

身体は「気・血・水」がバランス良く保たれていれば健康ですが、夏は一年の中で最もこのバランスが崩れやすい時期です。そのため、さまざまな不調が起こりやすくなるのです。

バランスを崩す原因は、夏特有の高温多湿の気候にあります。日中は厳しい「暑さ(暑邪」が続き、熱帯夜で睡眠が不足すればさらに体力を消耗します。また、「湿気(湿邪)」に弱い脾胃の機能が低下し、食欲不振や軟便の症状に悩まされることも。どうしてもあっさりした食事をとることが多くなり、体力の維持も難しくなります。

また、本来夏にはなかったはずの「冷え(寒邪)」も夏バテの大きな原因です。冷房による冷えや、冷たいものの摂り過ぎによる脾胃への負担は、疲れを回復する「陽気」の不足につながります。陽気が足りなくなると、身体の不調もなかなか解消することができません。

冷房に頼って汗を抑え過ぎると代謝も悪くなるため、夏バテの症状がさらに強くなることもあります。夏の自然の暑さは、汗と一緒に身体の老廃物を排出し、代謝を活発にするためにも必要なものなのです。

このような夏の不調をそのまま残しておくと、秋になっても体力が回復せず、抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなります。夏バテの症状はなるべく早く回復し、秋に向けて体調を整えるようにしましょう。


こんな症状を感じたら「夏バテ」に注意!

「暑さ(暑邪)」「湿気(湿邪)」「冷え(寒邪)」が主な原因の夏バテ。暑邪は「心」「肺」に、湿邪は「脾胃」に、寒邪は、「陽気」「肺」にと、それぞれ体に悪影響を及ぼします。夏バテの特徴的な症状には次のようなものがあるので、自分にあてはまる症状があれば、食事や睡眠など生活の改善を心がけましょう。

◎「脾胃」が弱くなっていると
倦怠感
身体の陽気が消耗されることで起きる症状。陽気は四肢を充実させ、身体を動かすエネルギーとなるため、汗とともに陽気が消耗すると疲れや倦怠感を感じるようになります。

食欲不振
ビールやジュース、サラダ、刺身など、冷たいものや生ものの摂り過ぎで、脾胃が弱くなることが原因。栄養分の不足にも注意が必要です。

下痢・軟便
水分の摂り過ぎが主な原因。脾胃の、水分を調整し栄養分を吸収・運搬する機能が低下し、また身体に栄養分を貯める機能が弱まることで起こる症状です。

◎「肺」に影響が出ていると

肌の乾燥
汗による水分の流出は、肌の乾燥にもつながります。また、食欲不振から栄養分が不足したり、冷房にあたり過ぎたりすることも原因に。肌の乾燥は、さまざまな皮膚トラブルの要因にもなるので注意が必要です。

息切れ
大量に汗をかくと、「水」だけでなく体内の「気」も一緒に流出します。「気」は肺と深い関わりがあるため、「気」が不足すると、息切れなど呼吸の症状が見られるようになります。

◎心に負担があると

動悸
夏の暑さで大量に汗をかくと、汗とともに体内の「水」も流出してしまいます。身体の水分が失われると血液が濃縮し、心への負担となることから、動悸などの症状が現れます。

◎全身に影響が出ていると

冷え性
冷えも夏バテの一つで、特に女性に多く見られる症状。冷房で身体が冷え、体内の「陽気不足」により運行不利(全身にエネルギーが行き渡らない)となったり、貧血気味の人は血行障害につながることもあります。血行が回復しないまま秋になると、強い冷えに悩まされることもあるので注意しましょう。


夏バテを回復する食材

夏バテを回復するには、まず身体を整えることが基本です。中医学の知恵を活かした養生法で夏の不調を取り除きましょう。

<夏バテを回復するお薦めの食材>

甘味
甘みのある食材は、長夏の食養生の主役。弱くなった脾胃を補い、健やかに保ちます。

山芋、じゃがいも、かぼちゃ、きのこ類、湯葉や豆腐、卵、太刀魚、ご ま、くこの実、なつめ、ぶどう、栗

酸味
酸味には「収れん」作用があり、汗や下痢などを抑えます。

梅干、あんず、ざくろ、酢、梅酒、あんず酒

温性
身体を温める効果のある食材で、冷えを解消します。

良質の鶏肉、豚肉(モモ肉など赤身のある部位)、鮭、にんじん、ねぎ、にんにく、もち米、シナモン

★★夏バテの回復に用いる方剤・生薬

麦味参顆粒、衛益顆粒、補中益気湯、勝湿顆粒、山楂子など


夏から秋へ、季節の変わり目を上手に過ごしましょう。

9月に入れば徐々に過ごしやすい日も増え、少しずつ秋めいてきます。季節の変わり目にあたるこのころは、涼しさに身体が慣れない上に夏の不調を引きずっていることも多く、さらに体調を崩してしまうこともあります。体力が落ちていると風邪も引きやすくなるので、早めに倦怠感を解消し、季節の変化に慣れるようにしましょう。

まず、涼しくなったら睡眠の改善を。眠りの質も良くなるので早寝早起きを心がけ、夏に消耗した体力を少しずつ回復しましょう。ただし、だるさを解消するためには、身体を動かして陽気を活発にしておくことも大切です。休日でも、寝過ぎることのないよう注意しましょう。

空いた時間には、ウォーキングや体操など気軽にできるい運動を。
冬に向けてしっかり体力をつけておけば、風邪の予防にもつながります。季節の変わり目は気持ちも不安定になりがちなので、身体を動かすことでストレスを発散し、心身ともに健康に過ごすよう心がけましょう。

一日の終わりには、ゆっくりと温かいお風呂に。疲れが取れ、血行を良くすることで冷えも解消できます。お風呂に入ったら、シャンプーをしながら頭皮をマッサージするのもおすすめです。頭皮のマッサージは全身の陽気と血行を刺激するので、心身ともにすっきりします。マッサージのコツは、下から上、後ろから前に向かって、指でやさしく刺激を与えること。毎日30回くらいを目安に続けてみてください。

中国には、秋を表現する「天高気爽(天高く、気分も爽やか)」という言葉があります。気持のよいこの季節をその言葉通り爽やかに過ごせるよう、夏バテを感じている方は今のうちに不調を取り除いておきましょう。

**この記事が紹介されている中国情報誌「チャイナビュー」をご希望の方に差し上げます。お気軽にどうぞ!

         

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional