中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

多段階開発がんとがん予防

がん予防の最前線

多段階開発がんとがん予防

がんを予防の立場からみると、多段開発がんは、がんにいたるまでのそれぞれの段階に応じたがん予防が可能であることを意味します。また、がんになる前の細胞の排除を目的とするがん予防にとって、がんの場が意味するところは、予防の標的が臓器全体あるいは全身ということです。

 
 発がんイニシェーションでのがん予防の要点は、環境中の発がん因子(タバコの煙や食品に含まれる発がん物質、放射線、ウイルスなど)にさらされるのを避けることです。

また、遺伝子への損傷を防ぐ作用があると言われている成分(例えば抗酸化物)を含む食品を摂取するようにすることも効果があるといわれています。
つまり、「がんの芽を出さない(遺伝子に傷をつけない)」予防です。

しかし、環境中の発がん因子をすべて避けることは困難であり、体の中にも活性酸素などの発がん因子は存在します。

したがって、年齢が進むと、身体のなかに遺伝子に傷を受けた細胞(発がんイニシェーション)がどうしても発生します。発がんプロモーションは、がん化の段階で最も長い時間をついやすと考えられ、発がんプロモーションに注目したがん予防が重要となります。

遺伝子に傷がついても、がんに育つのを防ぐ「がんの芽を育てない」予防です。
発がんイニシェーションを受けた細胞を増殖させる因子は身体の中に存在することから、この段階でのがん予防はそうした遺伝子に傷がついた細胞の増殖を防ぐ、あるいは増殖の速度を遅くすることが要点となります。こうした作用をもつ化合物あるいはそれを含む食品を摂取することです。発がんを遅らせて、寿命を終えるまでに臨床がんが発症しなければよいわけで、こうした視点のがん予防も今後重要となります。

がん治療の難しさは、多様ながん細胞と正常の細胞の間に腺を引き、がん細胞は殺すが正常な細胞をできるだけ傷つけない方法を見るけることにあります。がんになる前の細胞となるとこうした線引きはますます困難であり、異常な細胞を殺すのではなく、がん化の次の段階へ進ませない、あるいは増殖を抑えることががん予防の中心課題となります。

一方、正常な自己の細胞と自己から逸脱した異常な細胞を見分ける能力は、わたしたちの身体に「免疫」という形で備わっています。ウィルスに感染した細胞などの異常な細胞は、免疫系が自己でないという認識をして排除するのです。

臨床的にがんと認められる前の段階、すなわち遺伝子の異常が蓄積した細胞(発がんプロモーション後期)からがん細胞の増殖が進んでいない状況では、免疫もがん予防に重要であると考えられます。

適度な運動や規則的な生活習慣などががんに予防的に働く理由の一つとして、がんに対する免疫を高くすることが考えられます。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional