中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

大腸は独立王国

大腸・内幕物語り

大腸は独立王国

 内容物やそこにすむ細菌も含めて、中身(内容物)がなければ機能を発揮できないというのが大腸の大きな特徴だが、大腸のもうひとつの特徴は、自前のエネルギー源と、情報処理システム(神経回路など)をそなえているということである。

たとえばエネルギー源だ。私たちの身体をつくっている細胞は、いろいろな仕事をするためにも、分裂して新しい細胞をつくるためにもエネルギーが必要だ。筋肉細胞のような「ふつうの細胞」は、血液にのって流れてくるブドウ糖とか、脂質などをエネルギーにしている。つまり、自前のエネルギー源を持たず、体内をめぐる血液から供給されるエネルギーにたよっている。

ところが、大腸の粘膜細胞は大腸内の細菌がつくっている「酪酸」という酸を吸収して、そのまま自前のエネルギー源として利用する。もちろん、大腸にやってくる血液にもブドウ糖などのエネルギー源はあって、それも大腸は使っている。

しかし、大腸をはじめとする消化管の粘膜というのは、やたらとエネルギーを消費する細胞なので、血液が運ぶブドウ糖ではとても足りず、大腸の粘膜細胞も、吸収した酪酸を身体の他の部分に使わせないで、ちゃっかりと自分で使ってしまうのである。だから、大腸から出ていく血管には、ほとんど酪酸は入っていない。

これは、大腸の粘膜細胞には都合のよい「戦略」なのだが、大腸で酪酸が吸収される速度を測りたいと思う研究者にはひどく具合が悪い。

粘膜で使われない物質であれば、吸収された物質は変化しないで、大腸から出ていく血液やリンパ液なかに移っていくので、血液やリンパ液の流速と物質の濃度を測れば、その物質の吸収される速度がわかる。ところが、酪酸の吸収速度を測るには、わざわざ放射性同位元素で印をつけた酪酸を使って、血液やリンパ液のなかの酪酸からできた「なれのはて物質」まで測る必要があるからである。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional