中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

更年期を上手に乗り切る漢方の知恵

お母さんの漢方教室
更年期を上手に乗り切る漢方の知恵

更年期を上手に乗り切る漢方の知恵

武 耕(ぶ こう)先生

のぼせや発汗、めまいや耳鳴り、手足のしびれや頭痛など、不快な症状が現れやすい更年期。閉経が近づく40代から50代は、精神的にも体力的にも疲れを感じやすい時期です。漢方の知恵で更年期を上手に乗り切って、元気に過ごすように心がけましょう。

画像の説明

40代から現れる更年期障害。「腎」と「肝」の機能低下が原因

 閉経前後の10年ぐらいを更年期といい、この時期に起こる不快な症状を更年期障害と呼んでいます。更年期にさしかかる40歳を過ぎると、ホルモンの分泌が低下するため、自律神経に影響を及ぼして心身ともにさまざまな症状が現れます。例えば、生理の不調や出血量の異常、突然の発汗やほてり、耳鳴りやめまい、不安感やイライラに悩まされたり、手足のしびれ、さらにうつ症状に陥る場合もあります。

更年期の症状は「不定愁訴」とも呼ばれ、人によって症状も多様で障害の程度も個人差が大きいのが特徴です。中医学では、更年期障害は成長や発育、造血、ホルモンなどを司る「腎」の衰えに関係していると考えられています。

また、腎が弱まると血液の貯蔵庫である「肝」にも影響を与えます。つまり、更年期障害の症状を予防したり、緩和したりするためには、腎と肝を養うことが大切なのです。


自分の体質を把握して不快症状の緩和を。

同じ更年期障害でも症状の違いや重さに個人差があるのは、その人の体質や性格の違いによるもの。体質で原因も変わってきますから、適切な養生法を見つけるためにも、まず自分がどのタイプなのか把握することが大切です。

肝腎陰虚タイプ

原因と体質=老化や慢性病、ストレスや心身の疲労などが原因で、栄養不足になり、肝と腎の両方の陰液(全身の細胞や臓器を潤している体液)が消耗しているタイプ。

主な症状=目の疲れやかすみ、めまいや耳鳴り、健忘、足腰のだるだやほてり、発汗やのぼせ、顔面紅潮、皮膚のかゆみ、物忘れ、頭痛など。

処方=このタイプの人は、不足している肝と腎の陰液を補い、体にこもった熱を冷まして機能を高める「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」がいいでしょう。

肝気うっ血タイプ

原因と体質=精神的なストレスなどが原因で、肝の気(エネルギー)の流れが滞ってしまい、血流調節や月経調節などの代謝をはかる疏泄機能が低下しているタイプ。

主な症状=イライラや落ち着かないなどの情緒不安定、消化機能低下、のどのつかえ(梅核気)、乳房の張りや痛み、生理痛、生理不順、ガスがたまる、不眠、便秘や下痢など。

処方=このタイプの人は、肝の疏泄機能を高め、気の流れをスムーズにする「星火逍遥丸(しょうようがん)」がいいでしょう。のぼせがある場合は「加味逍遥散(かみしょうようさん)」を用います。

また「肝気うっ血」が長引くと、気だけでなく血液の流れも滞って「瘀血(おけつ)」状態になり、生理時にレバー状のかたまりが出たり、生理痛が重くなったり、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの原因になることもあります。こうした「瘀血」には、血液をサラサラにして血行を改善する「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」を併用すると効果的です。


腎と肝を養う食べ物と運動で更年期を明るく過ごす工夫を

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional