中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

月経痛

漢方の知恵袋
月経痛

月経痛をやわらげる

画像の説明

中医学講師 菅沼 栄先生

女性は人生の半分を月経と関わって過ごします。だからこそ、快適で心地いい生活を送るためには月経と上手に付き合っていくことが大切。今回は、女性の身体と密接な関わりを持つ月経について知り、つらい月経痛をやわらげる養生法を学びましょう。

痛みはないのが“健康な月経”

 中医学では、女性の身体は7年ごとに節目を迎え、変化が現れると考えます。7歳ごろに歯が生え変わり、14歳ごろに初潮、21歳ごろに成熟期を迎え・・・、といったイメージです。月経のリズムも同じように「7」の倍数が基本。個人差はありますが、健康な月経の日数は7日前後、月経の周期は28日(7の4倍)前後が一般的です。

月経の量は多すぎず(多い日の日中2時間をロングナプキンで過ごせる程度)、色は赤色で粘りや大きな塊がないようなら問題はないでしょう。また、中医学では痛みのある月経を「痛経」とよび、「月経痛」は“ない”のが正常な状態と考えます。

このような“健康な月経”の基本を踏まえると、月経痛がある、周期や日数が乱れる、量や色が気にかかる、といった場合は要チェック。月経の諸症状は、さまざまな要因で体内の「気」「血」の働きが乱れることで起こるものなので、自分の体質や体調を見直し、根本的に改善していくことが大切です。

多くの女性を悩ませる月経痛も、少量の鎮痛剤を服用して治まる程度の痛みであれば、日常生活の工夫や中医学の養生でやわらげることができます。身体全体の不調を改善していくきっかけにもなるので、症状が軽い人も積極的な養生を心がけましょう。


月経痛のタイプで体質&養生法をチェック

月経痛は仕方のないものとあきらめている人も多いと思いますが、体質を見直し、養生することで改善することもできます。ただし、月経痛が我慢できないほどつらい場合は、子宮内膜症などの病気が原因となっていることもあるので、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

気・血の流れが悪い
「気滞血瘀」タイプ

ストレスが原因の月経痛
血液の貯蔵庫といわれる「肝」は、月経にも大きく影響する女性に関わりの深い臓器です。この肝は情緒を安定させる働きを持つため、ストレスの影響を受けやすいことが特徴。強いストレスを受けると、気の流れが滞り(気滞)、月経時に腹部の張り、軽い月経痛といった症状が現れます。

また、気滞の状態が長く続くと、血の流れが悪くなる「血瘀」を引き起こし、重い月経痛につながることも。症状が軽くても軽視せず、気滞のうちに改善するよう心がけましょう。

月経痛の特徴
・月経前、月経中の下腹部の張り、痛み
・胸の両脇の張り、痛み
・情緒の変動によって、痛みが変化する

月経の特徴
・経血の色が黒い
・経血に塊が見られる

その他の症状
・生活にストレスが多い
・イライラしやすい



食の養生
まずはストレスを溜めないことがポイント。ストレスを発散して気・血の流れをスムーズに。

気滞の改善に
●マイカイ花  ●ジャスミン茶  ●ラベンダー茶  ●陳皮  ●ウコン  ●金針菜

血行の改善に
●黒きくらげ  ●なす  ●黒豆(煮汁)  ●小豆  ●桃仁

よく使われるのは:加味逍遥散、桂枝茯苓丸、冠元顆粒、田七人参、水蛭含有食品



冷えが原因
「寒邪」タイプ

子宮を冷やす冷えに注意

冷房や冬の寒さなど、外から体内に入ってくる冷え。食事や服装の不注意、陽気不足などによる身体の中の冷え。2つの冷えが寒邪となって長く体内に留まると、子宮が冷えて血の流れが悪くなり、月経痛の原因となります。

このタイプの月経痛は、とにかく身体を温めることが大切。外から入る冷えを発散し、体内、特に子宮を温めて血の流れを良くすることで痛みをやわらげます。月経期間中は、身体を冷やすとさらに痛みが強くなってしまうので注意しましょう。

■月経痛の特徴
・月経前、月経中の下腹部の冷え、痛み
・冷えると痛みが強くなる
・温めると痛みが緩和する

■月経の特徴
・経血の色が暗い
・黒ずんだ血塊がある
・経血がすっきりと出ない

■その他の症状
・手足が冷える
・むくみやすい
・顔色が白っぽい

食の養生

温性の食材、辛みのある食材を選び、身体の冷えを改善するよう心がけてください。

●よもぎ  ●紅花  ●シナモン  ●しょうが  ●ねぎ  ●小茴香(しょうういきょう)  ●山椒の実  ●八角

★よく使われるのは:婦宝当帰膠、温経湯、芎帰調血飲第一加減


エネルギー不足の
「気血虚弱」タイプ

体内の陽気・栄養素を十分に

生命のエネルギーである「気」。体をめぐって栄養を運ぶ「血」。虚弱体質や慢性疾患、適度のダイエットによる栄養不足などが原因で、この気・血が不足すると、月経で血を排出した子宮に十分なエネルギーが行き渡らず、月経痛が起こります。

比較的多く見られるこのタイプの月経痛は、月経期間の後半から月経後の2〜3日にわたって続くことが特徴。また、血が不足するため経血の色が薄く、量も少なめになります。

エネルギー不足で月経中は特に疲れやすく、倦怠感を強く感じるため、まずはしっかりと栄養を摂ることが大切です。

■月経痛の特徴
・月経の後半に痛みが強くなる
・比較的弱い痛みが長く続く

■月経の特徴
・月経の周期が長い
・経血の色が薄い
・経血の量が少ない

■その他の症状
・疲労感
・めまい
・顔色が青白い


食の養生

温性、甘味のある食材で、身体を温めながら血を補いましょう。
●黒砂糖  ●クコの実  ●なつめ  ●鶏肉  ●豚肉  ●卵  ●にんじん  ●ほうれん草  ●山芋

★よく使われるのは:婦宝当帰膠、芎帰膠艾湯


生活習慣を見直して、身体を根本から整える

 月経のタイプによって中心となる養生法はありますが、ここでは月経痛をやわらげる基本の養生をご紹介しましょう。

●月経前:なるべくストレスを溜めないように。睡眠をたっぷり取ることも大切です。

●月経中:身体を冷やさないよう、食事や飲み物、服装、冷房などに気を配りましょう。

●月経後:滋養のある物、特に血を補う食事を。鶏のスープは身体も温まるのでおすすめです。

その他、普段気付いたときに、女性の健康に関わるツボ「三陰交」を指圧するようにしましょう。

現代の便利な生活では、冷房で身体が冷える環境も多く、運動をする機会も少ないため陽気も不足しがちです。食事も油っこいものが増え、血流が悪くなる心配も。こうした生活習慣を見直すことも、月経痛の改善につながります。月経のときだけでなく、女性の身体を根本から整えることにもつながるので、普段の暮らしの中でぜひ意識してみてください。


女性の健康に関わるツボ

このツボは字の通り、脾経・腎経・肝経という下肢の内側を通る3つの重要な経路が一点に交わった所で、このツボ1つの刺激で3つの経路を同時に調整することができます。この3つの経路は、生殖器や生殖機能とホルモンの分泌に深い関わりがあり、また血液循環や栄養補給、さらに精神、神経活動にも関連しています。まさに婦人科の特効穴と言えるでしょう。ただし、昔から流産の恐れが言われており、妊娠初期の女性には禁忌のツボとされています。刺激はこまめにおこなうことをお勧めします。

ツボ位置: 足首の内くるぶしの一番高いところから真っ直ぐ上に指4本分のところ。頚骨の後ろ側の縁の所です。
画像の説明
(チャイナービュー 129号より)

*この記事が紹介されている小冊子「チャイナービュー」を差し上げます。お気軽にどうぞ!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional