中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

東洋医学と西洋医学の未病の特徴

未病ファーマシー
東洋医学と西洋医学の未病の特徴

東洋医学と西洋医学の未病の特徴

東洋医学の未病は現代医学の不定愁訴です。

東洋医学では、人体は気・血・水の3要素で構成されていると考えます。3つのバラスがくずれていれば、明らかな異常がなくても、未病として治療対象になります。

未病は中国生まれの言葉ですが、東洋医学では未病をどのようにとらえていたのでしょうか。

東洋医学では、体の基本構成要素を「気」「血」「水」としています。「気」とは、目に見えない生命エネルギー、「血」とは、血液(血液中のホルモンなどを含む)、「水」とは、血以外の体液です。そして、この3つの流れがスムーズで3者のバランスがとれている状態を健康、くずれている状態を不健康と考えます。

不健康のなかにもレベルがあり、はっきりとした異常が現れている場合は病気と診断されます。しかし、明らかな異常が見られなくても、気血水のバランスに乱れがある場合には未病として治療対象になります。
気血水のバランスが乱れると、疲れやすい、冷える、おなかが張る、かゆい、イライラする、むくむなど、心身にちょっとした不調が現れます。現代では、このような不調の多くは検査をしても異常が見つからず、不定愁訴と呼ばれます。これが、東洋医学的未病です。医師にとっても難しく、中には真剣に対応してもらえないことも少なくないようです。

しかし、2000年前には現代のような血液検査も尿検査もありませんから、ちょっとした心身の不調は本格的な病気の前兆として重視されました。これは、本格的な病気になってしまう前に、病気の芽をつみとることが大切だと考えているためです。

太極拳に未病の思想が流れています。近年になって西洋医学でも注目されるようになった「予防医学」の考え方を、東洋医学では2000年も前に先取りしていたのです。


いろいろある気血水のアンバランスによる「未病」

(気血水のアンバランスによる未病には、次のような種類があります。)

【気虚】 気が不足した状態です。元気がなく、活動が低下します。息切れなどもおこります。

【気滞】 気の流れがスムーズでない状態で、「気鬱」と「気逆」の2種類があります。気鬱は気のめぐりが悪く、食欲がない、胸やけなどの症状がみられます。気逆は、気が逆流しており、上半身は熱いのに下半身は冷える、動悸などの症状が現れます。

【血虚】 血がうすくなった状態で、現代の貧血によく似ています。疲れやすい、抜け毛が多いなどの症状があります。

【お血】 血の流れが停滞している状態です。皮膚や歯ぐき、舌などが暗紫色になったり、月経不順などの月経異常がみられます。

【陰虚】 水が不足している状態で、イライラやのぼせなどの症状がみられます。

【痰湿】 水が過剰な状態で、下痢やむくみなどがみられます。日本の漢方医学で用いられる「水毒」は、ほぼ同じ意味になります

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional