中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

水分+ミネラル+中医学の知恵

FrontPage
水分+ミネラル+中医学の知恵

熱中症!

水分+ミネラル+中医学の知恵
画像の説明


(Tarzan 2006.7.13号より)

長期服用しても安全な漢方薬で代謝改善を

夏の疲れたカラダには、水+ミネラル+中医学の知恵

水分補給だけでなく、水は体内での代謝も重要。アクティブに動くこの季節こそご用心!

この時期のスポーツで最も警戒すべきは熱中症。その始まりには、はっきりとした自覚症状が乏しいだけに、早め・こまめな水分補給と休養で、カラダにこもる熱を冷まそう。
しかし、きちんと飲み、休んでいるのに、カラダがリフレッシュした気がしない。あるいは渇きがとれたように感じない、などといった経験のある人は多いだろう。

発汗で失った水分と電解質、そして運動で消費した糖質を補えば回復するはずだと、普通ならば考えるところだ。だが、実際にはそれだけで回復できるとは限らない。疲労時には体内での水分代謝が滞らないよう注意することも重要なのだ。では、どうしたら水分代謝を改善できるか。多くの場合、西洋医学はここで壁に突き当たる。そこで、知っておきたいのが中医学(中国の伝統医学)の英知だ。

「中医学では飲んだ水がそのまま体内で使われるとは考えません。消化器官(脾と呼ぶ)から吸収された後、気の力を借りて利用可能な液体(津液と呼ぶ)に姿を変えたうえで、肺から全身に分配・散布されると考えます」と語るのは、日本中医薬研究会中医学講師の董魏氏だ。

 詳しい説明は無用だろうが、気とは全身を巡るエネルギーのようなもの。これが体内の物質、エネルギーの移動や代謝の原動力となる。
 
肺は、我々が考える臓器とも微妙に異なり、呼吸だけでなく皮膚や免疫、水分代謝にも関与する。
「だから、飲んだ水を円滑に使うためには、気と肺がフル稼働してくれないと困るということになります」
 
 ところが、日に日に不快指数の募るこの時期に、気と肺の働きが低下してしまう人は少なくない。
 スポーツは本来、気の流れをよくすることによって、各々の臓器の間のバランスを整えてくれる。ところが、炎天下などの悪条件では、気の消耗にもつながる。そして、気は肺に集まり、肺こそが気を司る臓器だと中医学は考えるので、気の消耗が進めばいずれ肺にも影響は及ぶ。

「気と肺の変調・機能低下、および有益な水分の不足(気陰よう両虚という)は、スポーツに取り組む人こそ気をつけたい、この時期の典型的なカラダのトラブルなんです」
 

 進行度に応じた症状を表にまとめたので、見ながら読んでほしい
 
 まず、軽度の場合、スポーツクラブに通っている人は、上腕や大腿の周径をチェックするといい。3ヶ月経っても数値が増加してこないようなら、気陰両虚の可能性が高い。
「同じ強度・時間の運動をしても、他人と比べて明らかに発汗量が多かったり、始終ドリンクが欲しくなる人も、同じく気陰両虚の疑いが強いですね。ランならば最初の5kmはそれほど飲まなくても走れるはず。それが大量に飲まずにいられなくなってきたら、かなり怪しいです」
 この段階でカラダを休めないと、次の段階に進行してしまう。表にもあるが、ここでは、多くの人が運動の際に息苦しさや筋肉痛を訴える。これがモチベーションを著しく低下させてしまうが、その背後に潜む犯人の一人は、血管内皮細胞に由来するペプチド、エンドセリンである。
 

「気陰両虚を抱えた人は健康人に比べて、エンドセリンの血中濃度が高い。エンドセリンは血管・気管を強力に収縮させる性質を持つので、運動中の呼吸効率は悪化し、無酸素運動の割合がおのずと増えます」
 

 その結果、疲労物質が大量に産生され、息苦しさと同時に筋肉痛がやってくるのだ。そして、これを放置すると疲労物質が血行を妨げるようになる。中医学で言うお血、今風にいうならドロドロ血の状態に陥ってしまう。このお血を放置すると、ついには危険な段階に突入していく。
「気陰両虚が最終局面を迎えると、影響は赤血球にまで表れます。驚いたことに、赤血球の膜が硬くなるんです。ご存じのように毛細血管の径は赤血球より小さいから、膜の硬くなった赤血球は通れません。このため末梢器官では酸素不足が発生し、これが脳・神経系に及べば、精神活動までも阻害し始めるんです」


長期服用しても安全な漢方薬で代謝改善を

 たかが水分の補給・代謝ではないのだ。これを軽視すると、場合によっては生活習慣病さえ招き寄せる。
 表で指摘したようなカラダの変調があったなら、まず激しすぎる運動は厳禁。疲労度・体調と相談しつつ、メニューを削る勇気も持とう。
「ウエイトトレーニングに取り組んでいる人は肉偏重の食生活に陥らないように注意してください。気陰両虚だと往々にして消化吸収力も低下していますから、胃腸への負担の軽い食品を選び、食事は少量多回で」
 
当たり前だが、よく噛み、冷たいものの飲食は最小限と心がける。冷たいものといっても、冷えたビールのことばかりではない。生肉、刺し身、サラダなどもこれに含まれる。
 とはいえ、制約が増えるばかりでは窮屈だ。幸いにも身に覚えのない人は、気陰両虚の予防に努めよう。

こうしたニーズに対し、中医学は生脈散という処方を持っている。
 生脈散とは朝鮮人参、麦門冬、五味子のたった3つの植物生薬からなるシンプルな処方。日本でも強壮剤として名高い朝鮮人参が気を補ってくれるのは説明無用だとして、耳慣れない2つの生薬は何者か?
「麦門冬は通称“蛇のヒゲ”。ユリ科の野草の塊根です。これが余分な熱を冷ましつつ、体内の潤いを補ってくれます。五味子はモクレン科の樹木の実で、その酸味がカラダを引き締めます。毛穴をはじめ、全身が引き締まるので過剰な発汗を抑制し気の異常発散も防いでくれます。
 クスリではあるが口当たりがよく、副作用・依存症に関しても、
「中国における過去1000余年の臨床経験からは報告がありません。運動前後に水や好みのスポーツドリンクに溶かして飲んでも結構です」
 本場中国では夏の風物詩となっており、ドリンクや顆粒状の商品が薬局の店頭にずらりと並ぶという。そして、その確かな効き目と安全性から、日本のスポーツシーンにも今後浸透が予想される。この夏はぜひお試しを!

夏は誰でも気陰両虚になる?
 1.軽症  以下、1つでも該当すれば要注意
・ウエイトトレーニングを3ヶ月やっても、思うように筋量が増えていかない。
・運動中によく喉が渇く。
・少し追い込んで運動すると、疲労感が翌日も残ったり、集中力が低下して、やる気が出ない。
・30分間ぐらいの適度な運動でも、シャツがびしょ濡れなるほどの汗をかく。

 2・境界の段階  以下、2つ以上に該当なら要注意
・運動中に動悸・息切れ・息苦しさをしばしば感じる。
・運動後の筋肉痛が頻繁で、長く続く。
・運動後によく肩凝りが出る。
・激しい運動後は強い眠気を感じるのに、夜はなかなか寝付けない。
・運動中に突然やる気が低下することがある。

・しばしば腰痛に見舞われる。
・運動中、または運動後に胸・脇腹に違和感・圧迫感を強く感じる。
・激しい運動を少ししただけで呼吸が荒くなる。
・尿の回数は多いが、排尿の際の勢いが悪く、残尿感が続く時がある。
・運動中、または運動後(特に就寝後)にしばしば筋肉が痙攣する。
・月経痛がひどい、出血が異常に多い(少ない)、月経が不順だ。
・若白髪が増え、精力の低下を自覚する。
・近ごろ不感症気味になってきたようだ。
・ストレスを強く感じる。
・近ごろ記憶力が衰えたように思う。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional