中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

漢方いろはかるた

FrontPage
漢方いろはかるた

漢方いろはかるた

おはようございます。渡辺です。このコーナーでは、「漢方いろはかるた」をご紹介します。このかるたは日本中医薬研究会の武藤先生が考案されたものです。このかるたで中医学の基本を理解していただければ嬉しいです。

                                                               ●い・・・イノキは下に、ヒノキは上に  ●ろ・・・六味地黄丸はアレンジ上手  ●は・・・母を治して子を治す  ●に・・・人参は朝鮮人参だけじゃない  ●ほ・・・補腎でアンチエイジング  ●へ・・・弁証論治が薬の決め手  ●と・・・トイレで日々の健康チェック   ●ち・・・中成薬は剤形いろいろ  ●リラックスで肝臓元気  

い・・・イノキは下に、ヒノキは上に

画像の説明

漢方では内臓のことを五臓六腑といいます。五臓は気(エネルギー)・血・津液(体液)など体に必要なものを作ったり、貯蔵したりしておく器官、六腑はその原料となる飲食物を受け入れたり、不要なもんを排泄したりする器官と考えます。

胃は飲食物を下降させ、下にある小腸などに運びます。脾は飲食物から体に必要なものを作り出し、それらを重力に逆らって、上にある肺や頭などに運んでいます。

脾と胃はお互いが密接に関連し、この上下のバランスが崩れると、げっぷ、嘔吐、下痢、内臓下垂などの症状が現れます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional