中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

漢方の知恵袋

アラカルト
漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

女性の元気は「血」が基本
冷えの養生 new腰・膝の痛みをラクに肺の元気で免疫力アップ
夏の上手な過ごし方  ●春の元気は肝の養生から  ●カラダの中から花粉症対策
辛い痛みをやわらげる  ●「高血圧」「低血圧」を体質から改善つらい頭痛をスッキリ!
貧血の養生花粉症の養生  ●更年期をラクに過ごす  ●冬のかぜ対策
new元気な髪はカラダの中から!夏の冷え対策  ●暑さを乗り切る胃腸の養生
new知っていますか?男性の更年期  ●「肝」の養生で春を元気に!
●漢方の知恵袋糖尿病は予防が肝心!  ●心と体の元気を養う春の養生法
●漢方の知恵袋冬の体質改善で花粉に強い体質を!尿トラブルの養生法
●漢方の知恵袋月経痛をやわらげる  ●漢方の知恵袋インフルエンザに負けない!
●漢方の知恵袋・肌を健やかに保つ皮膚の養生法おりものは健康状態のサイン
●心のトラブルを上手に解消鬱の養生
認知症の予防と対応  ●花粉の季節をラクに過ごす
漢方の知恵袋・寒い冬も元気に過ごす冬の養生法  ●カラダの中から「冷え」を改善
漢方の知恵袋・身体の中から潤いを!
今月の話題

目の疲れをスッキリ癒す

テレビやパソコン、携帯電話など、現代の暮らしでは何かと目を酷使しているもの。仕事で一日中パソコンのモニターに向かっているという人も多いのではないでしょうか?目の疲れは頭痛や肩こりなどの辛い症状にもつながるので、日頃から目を大切にする習慣を身につけましょう。

         
目の疲れや症状は、「肝」の不調から

画像の説明
 目の疲労感や乾きといったさまざまな症状は、五臓六腑との密接な関わりの中で現れるもの。中医学の医学書にも「目には五臓六腑の精気(生命の源となる力)が集まり、その力によって物をよく見ることができる」という記述があり、その密接な関係を表しています。

 特に深い関わりがあるのは、血の貯蔵庫である「肝」。「肝は目に開く」ともいわれ、肝で蓄えられた血は”目の栄養源“となっています。目を使うと血は消耗されますが、酷使して血の消耗が激しくなると、目に栄養が行き届かず疲れや痛みなどの症状が現れるのです。

 また「肝腎同源」といわれるように、「腎」は肝をバックアップする臓腑。肝の機能を高めるためには、腎を強くすることも大切です。

 眼精疲労やドライアイといった目のトラブルは、多くの人が抱える悩み。軽い目の疲れでも、頭痛や肩こり、イライラ、鬱といった症状につながることもあります。また、肝臓や胃腸などの病気が原因になっていたり、糖尿病などの初期症状として現れることもあるので、いずれにせよ軽く考えて放置するのは禁物。日頃の養生で目をいたわり、症状に気付いたら早めに対応するよう心がけましょう。

体質、体調でチェック!タイプ別、目の養生法

 同じ目の症状でも、体質や体調によってその原因はそれぞれ異なります。目の疲れや痛み、乾きといった不快感を感じたら、自分の体質やその時の体調などを考えた対応を。ここでは、重に3つのタイプに分けて、その症状と食養生をご紹介します。

肝血虚タイプ

血の不足が目の疲れの原因に。女性は要注意。

 目の使い過ぎで血を消耗したり、月経や出産、病気などで血が必要以上に失われたりすると、肝に蓄えられる血の量が不足する「肝血虚」の状態に。また、先天的な虚弱体質、ストレスや心身の疲労、胃腸障害、過度なダイエットなども血の不足につながります。

 血が不足すると目に十分な栄養が行き届かず、視力の低下、目の疲労、乾燥といった症状が現れます。

 肝血虚の状態になると、目の症状のほか、めまい、手足のしびれや冷え、不眠、顔色につやがない、月経の量が少なく、髪が乾燥してパサつく、髪が薄くなる、といった症状が見られるので、気になる症状がある人は要注意。また、女性に多く見られる症状で、特に生理時には強く症状を感じることもあります。

 このタイプの養生は、まず肝を補って機能を高めることが大切です。血を増やして流れをなめらかにし、目に十分な栄養を与えるようにしましょう。

主な眼の症状:視力の低下・目の疲労・目の乾燥
の養生>血を養い、目に栄養を与える食材を取り入れましょう。
ぶどう、レーズン、
ブルーベリー、
くこの実、
なつめ、
レバー 、
にんじん、
ほうれん草 、
菊花茶

★ このタイプに用いる方剤:婦宝当帰膠

肝鬱タイプ

ストレスやイライラが肝の機能低下に

 ストレスがたまったり、イライラや鬱気分が続いたり。そんな精神トラブルを抱えていると、全身に栄養を運び、老廃物を回収する肝の機能が低下し、気のめぐりが滞ってしまいます。その結果、目に精気が送られなくなり、目の痛みや疲れやすさ、視力の低下といった症状が現れます。

 精神的なストレスが強くなるほど、目の症状も強くなるのが特徴で、目の症状のほか、頭痛や肩こり、イライラしやすい、不眠、不安感、月経痛、月経不順といった症状を伴います。

 肝鬱タイプの養生は、肝を養い、ストレスを発散することで肝の機能を回復することが基本。ストレスやイライラを感じやすい人は、うまく発散してめ込まないように心がけましょう。

主な眼の症状:目の痛み・目が疲れやすい

<食の養生>

ストレスや鬱気分を発散するお茶や、涼性の食材がポイント。

ハマナスの花茶、
ジャスミン茶、
桑の葉茶、
緑茶、
ハブ茶、
ハッカ、
あわび、
さざえ、
あさり

★ このタイプに用いる方剤、生薬:加味逍遙散、菊花

肝腎陰虚タイプ

中高年に多い症状。慢性病や老化で腎が弱い

 慢性病や老化、長引く肝血虚の状態などが原因で、肝と腎の陰液(体液)が消耗しているタイプ。白内障など目の病気にかかりやすくなり、症状が長期化することもあります。目の疲労感やかすみ、視力の低下など、眼精疲労の症状がはっきりと現れるのも特徴。

それに伴って、腰痛や耳鳴り、難聴、物忘れ、手足のほてり、口の渇きといった症状が現れます。

肝と腎は「肝腎同源」といわれるほど密接な関係にあります。肝は腎に養われていて、肝の機能を回復するためには、腎も強くしなければなりません。そのため、肝腎陰虚タイプの養生では、肝と腎、両方の陰液を補いながら、機能を高めます。

このタイプは、特に閉経後や50歳以上の中高年に多く見られます。 思い当たる症状がある人は、日頃の生活の中で肝腎を整えるよう心がけ、目の働きを高めましょう。

主な眼の症状:目の疲労感・飛蚊症 視力低下・目のかすみ
 目の症状が長期化する

の養生>

腎の機能を補い、目に栄養を与える食材を摂るようにしましょう。

●ごま、
●くるみ、
●松の実、
●桑の実、
●山芋、
●羊のレバー、
●うなぎの肝

★ このタイプに用いる方剤:杞菊地黄丸


 目を休め、疲れをやわらげる習慣を 

 目の疲れや痛み、充血といった症状は、心身が疲れていることを知らせるシグナルです。症状が重くなり頭痛や肩こりなどを引き起こす前に、普段の生活の中で目の疲れをやわらげる習慣を身に付けましょう。

まず、パソコンのモニターやテレビを見ていて疲れたと感じたら、目を少し休めてください。窓から遠くを見たり、目の血行をよくするツボをマッサージしたりすると効果があります。仕事に追われていたり、テレビに夢中になっていたりするとつい見過ごしてしまいがちですが、意識して目の緊張をやわらげる時間を持ちましょう。

ストレスを溜めない工夫も大切。ウォーキングやストレッチで適度に体を動かしたり、アロマオイルの香りでゆったりくつろいだり。心身ともにリラックスすることが、眼精疲労の予防につながります。

また、毎日の食事では肝や腎を補う食材を取り入れる工夫を。手軽に取り入れるなら、普段飲んでいるお茶を「菊花茶」などの替えてみるのもおすすめ。菊花茶は、肝の熱を冷まし、目をすっきりさせてくれる目の養生の主役ともいえるお茶です。

肝と腎を強くすることは。白内障や黄班変性症といった加齢による病気の予防にもつながります。

いつまでも元気な目でいきいきと過ごせるよう、日頃の養生を心がけたいものですね。

 疲れ目の体操

 両手の親指を耳の後ろのくぼみ「翳風」というツボに当てながら、人差し指か中指で図のツボをマッサージしましょう。各8回ずつくらいが目安です。

 画像の説明


**この記事が紹介されている中国情報誌「チャイナビュー 119号」をご希望の方に差し上げます。お気軽にどうぞ!

         

 

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional