中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

発がんに関係する遺伝子

がん予防の最前線

発ガンに関係する遺伝子

発がんには、さまざまな遺伝子が関与しています。その中でも、中心的な役割を担っているのが「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」です。どちらの遺伝子も正常な細胞が機能するのに不可欠です。

ところが、がん細胞から取り出したがん遺伝子を正常な細胞に入れると、細胞は悪性化します。がん細胞では、がん遺伝子の本来の構造に以上を起こし、その異常ながん遺伝子から作られる異常なタンパク質が細胞の悪性化を起こすのです。

一方、がん抑制遺伝子は細胞の悪性化を抑える働きをしています。
わたしたちは、両親のそれぞれから受け継いだ遺伝子を一対として持っていますが(対立遺伝子)、対になったがん抑制遺伝子の機能が両方とも失われると細胞が悪性化します。
機能が失われる機構としては、遺伝子そのものがなくなったり(欠失)、遺伝子の構造に異常が生じ異常なタンパク質ができる(変異)、遺伝子の構造は正常でもmRNAに転写されないためタンパク質ができない(不活性化)という「遺伝子の変化」があります。

がん遺伝子とがん抑制遺伝子は、車のアクセルとブレーキにしばしば例えられます。
車(細胞)が暴走(がん化)する場合、アクセル(がん遺伝子)の故障(変異)とブレーキ(がん抑制遺伝)の故障(欠失、変異、不活性化)の両方あるいは片方が原因です。

がんは遺伝子の病気ですが、遺伝子の変化を引き起こす原因の多くは環境です。
例えば、タバコの煙や食品に含まれる発がん物質などがあげられますが、これらはそのままの形で細胞の遺伝子に損傷を与えるのではありません。

身体に取り込まれた発がん物質は、本来は有害物質を無毒化する代謝(解毒)という過程を経て、違った構造の物質になります。発がん物質の場合、逆に代謝によってDNAやタンパク質などと反応しやすい構造になってしまい、DNAと結合して遺伝子の損傷の原因となるのです。

代謝には、さまざまな関与していて、その働きは遺伝・環境などの要因によって変動します。
さらに、遺伝子が受けた損傷を修復する酵素もあって、その働きも発がん過程を修飾する要因の一つです。

また、ウイルスに関係したがんでは、ウイルスによる感染と炎症持続することが発がんにつながりますが、それを決める免疫系の働きもまた遺伝・環境によって変動します。

このように環境ががん遺伝子やがん抑制遺伝子の変化を生じさせる間には多くの過程と修飾要因が存在し、それらもまた発がんに関係していて、がん予防の標的になります。 (2006/09/14)

★★遺伝子★★

親の特性が子孫に伝わる、あるいは分裂した細胞にもとの細胞の特性が伝わるといった「遺伝」の中心的な役割を果たしているのが遺伝子です。

遺伝子はDNAあるいはRNAからできていて(人の場合はDNA)、生殖や細胞の分裂の際に複製されて子孫に受け継がれます。

DNAは4つの塩基(アデニン、グアニン、シトシン、チミン)が並んでできていますが、並び方そのものが遺伝情報となっています。

タンパク質の設計図となる遺伝子の場合、そのDNAを鋳型としてメッセンジャーRNA(mRNA)が合成され(転写)、mRNAの3つの塩基の並び(コドン)が一つのアミノ酸に対応してタンパク質が合成されます。

わたしたちの細胞一つひとつには、両親から受け継いだすべての遺伝子が対として含まれいます。

★がん研究は近年急速な進歩を遂げ、特に遺伝しレベルでの解析が進み、診断や治療への応用が期待される段階になりました。
診断や治療の標的はがん細胞であり、それをいかに早い段階から正確に見つけ出すか、がん細胞をいかに効果的に殺すかが課題です。

一方、がん予防が標的とするのは、正常な細胞のがん化の防止あるいは前がん段階にある細胞の悪性化防止・増殖抑制であり、がんの治療と本質的に異なった標的と方法論をもっています。

したがって、がん予防には臓器全体あるいは全身を対象とする広い視点が必要で、食生活のバランス、運動、適正体重、生活規則性といった全身の健康を保つ生活習慣も重要となります。

同時に、疫学研究で見出されたがんに予防的な生活習慣あるいはがん予防物質が、発がんのどの段階でどのような機構で作用するのかを明らかにすることは重要です。それによって、年齢や喫煙の有無といった対象者の特性にあったがん予防の選択が可能となるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional