中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

私は冠元顆粒

私は中国野菜ではありません!!

講演会レポート 

画像の説明
私の名前は冠元顆粒。故郷は中国です。
日本の皆さまのお役に立ちたいとの使命感を持って海を渡ってきました。

私の話は1960年代にさかのぼります。
当時の総理が、全国の医療機関に向けて心臓病を克服するよう緊急対策を呼びかけたのに応え、全国から数ヶ所の医院が参加して、特効薬開発のためのプロジェクトチームが作られました。

その結果誕生した「冠心Ⅱ号方」という処方をベースに、より効き目の良い処方として開発されたのが、この私です。

こうした研究の経過は「丹心譜」という劇になり、中国各地で上演されました。

私「冠元顆粒」は、中国では医薬品です。
でも、日本の皆さまのお役に立つためには、日本でも医薬品としての認可を受けなければなりません。

私の主成分は丹参という成分です。
ところが、当時の日本には、この丹参が配合された医薬品がなかったのです。
 
前例のないものを許可しないのが国の方針のようでしたからそれは困難を極めました。

当時の関係者は、血の涙と汗を流して、私を医薬品として許可をとるのに頑張りました。もちろん、臨床研究に協力してくださった大学病院の先生方のおかげでもあります。

こうして、苦労に苦労を重ねたある日、偶然の女神が微笑んでくれて私に医薬品としての認可が降りたのです。

私たち「パンダマークの漢方薬」は、厚生労働省から製造販売承認を受けた「医薬品」です。医薬品は、日本の製造販売承認に基づき、製造単位ごとに品質検査を行い、合格品だけが販売されています。

私たちは、日本の医薬品製造管理基準と同等の管理施設のある中国の製薬工場で製造されています。

私たちには、日本の製造販売承認に基づいた成分が表示されています。また、健康食品は輸入原料を食品衛生法に基づいて厳重にチェックした後、製造・販売されています。

「冠心Ⅱ号方」は、中国で注射薬として、心臓発作の治療に使われています。私も同様に脳血管障害、心臓疾患、認知症などの改善や、生活習慣病予防のお手伝いができることを喜びに感じています。

けれど、このごろ悲しいことがあります。私の故郷中国から輸入された野菜が汚染されているとの事。この報道は私たちにとって大ショックでした。日本の皆さまの中国製品に対する不信感を感じれば感じるほど落ち込んでしまいます。

私たちは、日本の皆さまの健康のお手伝いが出来ることを誇りに思っています。どうぞ私たちの願いを分かってください。

画像の説明

























powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional