中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

耳の病気

病気別豆知識

耳の病気

突発性難聴

■突発性難聴とは、突然に起こる難聴で、半数にめまいを伴います

ある日突然、片方の耳(両耳の場合もあります)がほとんど聞こえなくなり、放置すると高度の難聴が後遺症として残ります。患者さんの多くは耳鳴りを訴え、約半数にめまいが起こります。難聴と同時に起こるめまいは、ぐるぐる目が回る回転性のもので吐き気を伴うこともあります。難聴より後に起こる場合は、ふらふらとした感じのめまいになります。どちらの場合も、突発性難聴のめまいは一過性でくり返さないのが特徴です。

■40〜60歳代に多く、患者さんが年々増えています

2001年に行われた全国疫学調査によると、治療を受けている突発性難聴の患者さんは約35000人で、1993年の調査における24000人から大きく増えています。
年齢に関係なく発症しますが、40〜60歳代に多くみられます。男女差はありません。

■今のところ、原因は不明です

突発性難聴がなぜ起こるのかはわかっていませんが、研究の結果、原因としていくつかの説が考えられています。なかでも有力なものが、「ウイルス感染」と「内耳循環障害」です。

「ウイルス感染」;単純ヘルペス、はしかや、インフルエンザなどのウイルスが耳の一番奥にある内耳に感染して、内耳の「音を聴く」部位と「体のバランスを保つ」部位を障害するという説。

「内耳循環障害」:内耳の血液循環が悪くなり、内耳の機能が低下している、という説。内耳の血液循環の低下は、血栓や出血、内耳血管の収縮などのさまざまな理由で起こると考えられています。

ストレスや過労により免疫力が低下すると、ウイルス感染や再活性化が起こったり、内耳の血流障害が生じて、突発性難聴を発症すると考えられています。


突発性難聴の検査方法

■問診(ドクターの知りたいこと)
難聴が発生した前後の様子、難聴以外にどんな症状があるのか、糖尿病や高脂血症、高血圧などの基礎疾患の有無を知ることが、診断や治療法の決定に役立ちます。
・難聴が起きたときの様子、健康状態
(風邪をひいていないかなど)
・耳鳴り、めまいの有無と状態、それが起きたタイミング
・手足のしびれ、意識障害の有無


■聴力検査(難聴の程度や種類をみます)
ヘッドホンをつけて、低い音から高い音(125〜8000Hz)まで、どの程度の大きさの音が聞こえるのかを調べる鈍音聴力検査を必ず行い、高度の感音性難聴であることを確かめます。

■平衡機能検査(身体のバランスや眼振をみます)
どのように身体のバランスが失われてめまいが起こっているのかをみることで、内耳が障害されているのか、その他の原因によるものかを判断します。
また、内耳の機能が低下すると、めまいを自覚していなくても、眼球に特有の動き(眼振)が現れます。この眼振の有無や様子をフレンツェル眼鏡という特殊な眼鏡を使って観察します。


■その他の検査
血液検査では、ウイルス感染の有無を、レントゲン検査では中耳炎や聴神経腫瘍(内耳神経にできる良性の腫瘍)がないかを確かめます。難聴を起こす明らかな原因が他に見つからない場合に、突発性難聴の診断に至ります。



◎めまいを伴う突発性難聴と似ている疾患

前庭神経炎:内耳の前庭から脳へ向かう前庭神経にウイルスが感染することが原因で、障害が起こるもので、突発性難聴に近い疾患と考えられています。強いめまいや吐き気が起こりますが、難聴や耳鳴りを伴わないのが特徴です。

メニエール病:難聴・耳なり・めまいを特徴としますが、低音部のみの難聴であること、めまいを何度もくり返す点が、突発性難聴とは異なります。

外リンパ婁:くしゃみをかむなど内耳の圧力が急激に変化して、外リンパ液が中耳へ漏れると起こり、めまい、難聴、耳鳴りが自覚されます。


突発性難聴の治療法と対処法

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional