中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

耳の養生法

今月の話題
いつまでも健やかに耳の養生法

漢方の知恵袋

いつまでも健やかに耳の養生法

中医学講師 菅沼 栄先生

耳はさまざまな音を聴き取る大切な聴覚器官。体の変化をいち早く感じとり、耳鳴りなどの小さな症状にも敏感に反応します。耳鳴りは外からわからないため、一人で悩んでいる人も多いもの。今回は、そんな耳のトラブルに対応し、耳を健やかに保つ養生法をご紹介しましょう。

ストレスや疲労は耳のトラブルの原因に

 中耳炎や外耳炎などの疾患があるわけではないのに、 耳鳴りや耳の閉塞感といった不快な症状を感じることがあります。このような症状の原因は、老化や疲労、ストレス、 胃腸の疲れなどさまざま。

 中医学では「耳は、清らかな陽気(清陽)が体内を上昇するときに通過する穴」 と考えられていて、体内の陽気が十分に満ちている状態であれば、耳の働きも安定しやすくなります。そのため、 老化や疲労によって陽気が不足したり、ストレスで陽気の通りが悪くなったりすると耳の働きにも影響し、 さまざまなトラブルが現れるのです。

 一般に最も多く見られる症状は「耳鳴り」。キーンという高い音や、 ボーっという低い音など、聴こえる音や大きさはさまざまですが、耳の奥で鳴る音はとても不快なもの。また、 耳のトラブルでは聴力の減退「耳聾」に悩む人も多く見られますが、耳聾にも耳鳴りを伴うことが少なくありません。

 耳鳴りは耳聾になる前の段階で現れる症状でもあり、 長く続く場合は注意が必要です。耳鳴りの段階で積極的に養生に取り組み、耳聾を予防するよう心がけてください。

 耳のトラブルは、単に耳の問題だけでなく、 疲労やストレスといった体内の不調を知らせるサインでもあります。その原因を考えて根本的に体質を見直し、 健やかな耳の状態を保ちましょう。


タイプ別耳のトラブル養生法

耳鳴りや聴力の減退といった耳のトラブルは、さまざまな身体の不調が原因となって現われるもの。自分に当てはまる症状からその不調を見極め、体質からしっかりと整えていきましょう。

ストレスに注意「肝鬱」タイプ

●急性の初期症状

主に過度のストレスなどが原因で起こる症状。前ページでお話しした通り、 ストレスによって清陽が通る穴につまりが生じ、陽気の通りが悪くなることで耳のトラブルが現れます。

 初期に見られる急性の症状で、強い高音の耳鳴りが断続的に起こる、 症状に波がある、偏頭痛や不安感を伴うといった症状が特徴。また、突発性難聴、 高血圧や自律神経失調症に伴う耳鳴りや聴力の減退などもこのタイプにあたります。

 養生の基本は、ストレスを調節、発散する役割を担う「肝」 を静めることがポイント。ストレスを発散させてつまりを取り除き、耳の働きを安定させましょう。

主な症状

・強い高音の耳鳴り  ・偏頭痛  ・不安感  ・怒りっぽい  ・突発性難聴

お薦めの食材

お茶や涼性の食材で肝の熱を静め、ストレスを発散させましょう。

菊花茶 柿の葉茶 桑の葉茶 緑茶 セロリ トマト

よく使われるのは加味逍遙散、 瀉火利湿顆粒


更年期に多い「痰湿」タイプ

●水分代謝と血流の改善を 

 このタイプは、水分代謝が悪くなり、体内に余分な水分や汚れ「痰湿」 がまることが原因。粘りのある痰湿が停滞することで、耳もつまってしまうのです。

 更年期に多く、高脂血症や肥満、むくみがみられやすく、 メニエール症候群に伴う耳鳴りなど、耳鳴りのほか聴力の減退、耳の閉塞感、めまい、胃のむかつきなどが特徴です。

 養生のポイントは、まった痰湿を取り除き、水分代謝を良くすること。また、 症状が長期にわたると粘りのある痰湿で血流も悪くなってしまうため、同時に血流の改善を心がけると効果的です。

主な症状:

・耳鳴り  ・聴力の減退  ・耳の閉塞感  ・回転性のめまい

・口の中のネバネバ感  ・肥満  ・むくみやすい

お薦めの食材:

利水効果のある食材を中心に選び、余分な水分を取り除きましょう。 体内の血と水の流れを良くするため、ねぎをたっぷり使った食事もおすすめです。

菖蒲 ●はすの葉 ●決明子 ●はと麦 ● ねぎ

よく使われるのは:星火温胆湯エキス顆粒、半夏白朮天麻湯、 冠元顆粒


疲労・体力不足が原因「脾虚」タイプ

胃腸の疲れに要注意

 慢性的な疲労や病後などで体力が落ちているときは、 脾胃の働きも弱くなります。栄養分や陽気を体中に運ぶ脾胃の機能が低下すると、耳の栄養状態も悪くなり、 さまざまなトラブルが現れるのです。

 このタイプは、疲労時に耳鳴りや聴力の減退が強くなり、立ち眩み、倦怠感、 食欲不振、軟便などの症状を伴うことが特徴。まずは脾胃の機能を健やかにして、しっかり栄養を摂ることを心がけましょう。

主な症状:

・疲労時に耳鳴り、聴力の減退が強くなる  ・めまい(立ち眩み)  ・倦怠感 

・食欲不振・軟便  ・顔色につやがない 

お薦めの食材:

脾胃の働きを良くする食材、体力をつける食材を多く摂り、 しっかり栄養を補いましょう。

大豆製品(湯葉、豆腐など) いんげん豆  そら豆 

よく使われるのは:
補中益気湯、 星火健脾散エキス細粒


老化に伴う「腎虚」タイプ

誰にでも起こること。あまり気にせずリラックス

 腎の陽気は体内すべての陽気の大元。源となっているのが、 生命のエネルギー源である「腎精」です。年齢を重ねると腎精は自然に衰退していくため、腎の陽気も不足しがちに。すると、 「耳の働きは体内に陽気が満ちている状態で安定する」ため、耳にもさまざまなトラブルが現れるのです。

 このタイプの症状は主に老化が原因となりますが、程度の差はあれ、 これは誰にでも起きること。あまり気にしすぎず、リラックスして過ごすことが大切です。 腎を養うことはさまざまな老化現象への対応にもなるので、いつまでもイキイキと過ごせるよう養生を大切にしましょう。

主な症状:

・夜間の耳鳴り  ・聴力の減退  ・めまい  ・腰痛  ・物忘れ 

・症状の慢性化(低音の耳鳴りが続く等)

お薦めの食材:

腎精を補い、耳に栄養を与える食材を摂りましょう。

くるみ 松の実 クコの実 ● 桑の実 ごま 黒豆 山芋 豚マメ(豚の腎臓)

※豚マメは、生姜、ねぎ、紹興酒で炒めるとおいしい中華の炒め物に。

よく使われるのは:杞菊地黄丸、 耳鳴丸


毎日を心地よく過ごして、耳もリラックス

 不快な耳のトラブルを改善するポイントは、 まず心も身体もリラックスして過ごすこと。睡眠をしっかり取る、ゆっくりお風呂に入る、散歩を楽しむといった、 毎日続けられる習慣を身に付けましょう。入浴や散歩は血行を促進するため、耳の症状への対応はもちろん、 身体の健康維持にもつながります。

 手軽に取り入れられるのは「耳マッサージ」。親指と人差し指で耳をはさみ、 全体をマッサージします。耳には腎をはじめとするさまざまなツボがあるほか、マッサージによるリラックス効果も期待できるので、 気軽に試してみてください。

 また、イヤホンなどをできるだけ使わず、耳の負担を少なくすること、 心地いい音を聞いて耳をリラックスさせることも大切。川のせせらぎ。そよ風が緑を揺らす音。戸外に出かけてそんな自然の音に親しめば、 心も耳ものんびり心地よく過ごせそうですね。

(チャイナビュー 127号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional