中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

肥 満

病気別豆知識

病気別豆知識

肥 満

          肥満の判定基準       

body mass index(BMI)  判 定  WHO基準
     <18.5   やせ   低体重
   18.5≦〜<25   正常   正常
   25≦〜<30 肥満(1度)   前肥満
   30≦〜<35 肥満(2度)   度
   35≦〜<40 肥満(3度)   度
     40≦ 肥満(4度)   度

肥満とは、単に体重が多すぎるということではなく、体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態と定義します。しかし、実際には脂肪組織を正確に測定することは一般的ではありませんので、肥満度が20%以上であるときを肥満と判定するのが普通です。

肥満は、エネルギーの供給と消費のバランスが正に傾くことにより、脂肪組織が身体に過剰に蓄積して生じます。肥満の原因は、エネルギーの摂りすぎ又は、体質に基づく単純性肥満(本態性肥満、原発性肥満)が最も多く、肥満者の約90〜95%を占めています。内分泌疾患、視床下部障害、遺伝性疾患など、何らかの基礎疾患があって肥満になるものを症候性肥満と言います。症候性肥満としては、内分泌疾患(クッシング症候群、甲状腺機能低下症、視床下部障害(間脳腫瘍など)、遺伝疾患(ローレンス・ムーン・ビードル症候群 など)、薬物(副腎皮質ステロイド薬など)があります。

脂肪の分布から、 
  上半身肥満、下半身肥満  
  中心性肥満、末梢性肥満、
  内臓蓄積型肥満、皮下型肥満に分類されます。
高脂血症、糖尿病、高血圧、虚血性肥満に心疾患など、肥満にともなう代謝異常は上半身肥満、中心性肥満、内臓蓄積型肥満の方が多く発症します。

 原発性肥満のうちでは、医学的見地から減量治療が必要なものを肥満症と定義します。これは、肥満に基づく合併症(糖質代謝異常、高脂血症、高血圧、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群、心機異常、整形外科的異常など)をすでに有するものと、現在は合併症を有していなくても減量しなければ将来合併症が発症すると予測される内臓脂肪型肥満があります。腹部CT検査で、臍のレベルで腹腔内内臓脂肪面積(V)と皮下脂肪面積(S)との比(V/S比)が0.4以上を内臓脂肪型肥満、0.4未満を皮下脂肪型肥満とします。

1、肥満の定義

 
肥満は、体内の脂肪の割合が正常人より多い状態をいい、一般的には、肥満の定義はBMI(Body mass index)という指標で定義します。
         
        CENTER: BMI=身長(m)×身長(m)÷体重(Kg)
 
 日本肥満学会では、この式による指標で、正常値は18.5以上25未満で、25以上は肥満としています。しかし、注意しなければいけないのは、隠れ肥満と呼ばれる内臓肥満です。これは、体重は増えていないのに、腹部の内側の脂肪が増えることを意味します。腰のベルトがきつくなったら要注意です。内臓肥満は、糖尿病や動脈硬化症の発要因となりますので、内臓肥満が疑われる人は、食事内容を再点検し、運動をするなど日常生活の改善を図ることが大切です。

2、肥満抑制効果のある特定保健用食品

肥満抑制効果が認められている特定保健用食品には、ジアシルグリセロール(DG)を主成分とする食用油があります。一般の食用油に多く含まれている、トリアシルグリセロール(TG)と比較し、同量を摂取しても肥満の程度が小さいのです。食事療法や運動療法を行うことが難しく、油の好きな肥満の人、高脂血症の人、糖尿病の人に対しては有効でしょう。

3、ジアシルグリセロールの肥満抑制機序

◎ジアシルグリセロールの作成法
  
DGは、自然界にすでに存在する脂質で、植物油には約1〜10%含まれています。ほかはほとんどTGです。
DGを主成分として市販されている植物油は、80%以上のDGを含み、特殊なリパーゼを用い、大豆油や菜種油から合成されます。
 

◎ジアシルグリセロールの性質
 
TGは、グリセロール骨格に3個の脂肪酸が結合しているのに対し、DGは2個の脂肪酸が結合し、1,2-DGと1,3-DGが存在します。市販の油では、DGである約7割が1,3-DGであることがわかっています。脂肪酸組成としては、オレイン酸およびリノール酸が主になっています。
  
DG摂取はTG摂取に比較して、食後のカイロミクロンの生成が少なくなります。このため、食後の血中TGの上昇緩やかになります。また、肝臓での脂肪酸酸化促進を生じ、長期間でも肥満になりにくなります。
 

◎ジアシルグリセロールの作用機序
  
通常の油に多く含まれているTGは、すい臓リパーゼにより2-モノアシルグリセロール(2−MG)になり、脂肪酸とともに小腸上皮に吸収されます。しかし、DGは1−モノアシルグリセロール(1−MG)になり、吸収されます。小腸上皮においては、消化管内においてTGから生成され  る2−MGと、脂肪酸を基質とするTG再合成経路(2−MG Pathwayが主であるため、1,3-DGを摂取した場合、消化生成物として2-MGが得られないと考えられ、小腸上皮でのTG再合成が生じにくいのです。また、小腸上皮より、中性脂肪の合成に使用されなかった脂肪酸が門脈中に多く出現し、肝での脂肪分解促進のシグナルになり、肥満抑制効果を示します。

◎ジアシルグリセロールの人に対する効果
  
DGの長期摂取において、健常な男性に、1日当たり試験油摂取量を10g、総脂質摂取量を約50gとした時の身体測定値の変動は、体重、BMIにおいて、8週目以降で、DG群はTG群に比べ有意に低い値を示していて、ウエストまわりでも、16週目おいてDG群のほうが有意に低くなっています。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional