中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

腎臓について

腎臓病
●腎臓について ●腎臓の働き

腎臓とは

腎臓の位置

画像の説明

腎臓は、腹腔の後上方で脊柱の両側にあるそら豆のような形をした左右一対からなる臓器で、 長さ10〜12、幅約5、厚さ3、重さ120〜130gです。第12胸椎から第3腰椎の高さにあり、左腎は胃底部、脾臓に接し(胃の裏側)、右腎は肝臓に上方から圧迫されて、左腎よりもやや低く位置しています。

このため腎臓結石や急性腎盂腎炎など腎臓に痛みを感じる病気の場合は通常背中に痛みが走ります。
急性腎盂炎の場合はこの位置をたたくと激痛が走ること(殴打痛という)が診断につながります。

腎臓の上位には副腎があり、周囲は脂肪組織に包まれています。腎臓の表面は繊維性の被膜で覆われ、腎臓の内側面には腎動脈、腎静脈、尿管が出入りし、腎門とよばれます。


腎臓の構造

画像の説明

腎臓は外側の皮質と内部の髄質とに分けられます。

皮質には尿を産生する腎小体(毛細血管が集まった糸球体(しきゅうたい)とそれを包むボウマン嚢(のう)からなります)と、これを取り巻く尿細管があります。

髄質には、直行する尿細管の部分と、集合管とよばれる太い管があります。髄質には10〜20個の錘体があり、その尖端は腎乳頭を形成して腎盂に突出します。髄質から放射状の髄放線が皮質内に、皮質からは腎柱が錘体に入り込んでいます。


腎臓で尿を作る機能単位ネフロン

画像の説明
腎臓には心臓からの血液が直接1分間に約200ml腎動脈を通ってそそぎ込まれます。
腎臓で尿を生成する機能単位はネフロンというトロンボーンのように曲がった管状のもので、球状の腎小体とそれにつながる尿細管から構成されています。腎小体は毛細血管がまるで毛糸玉のように入り組んで固まった形をしている糸球体と、それを包むようなボーマン嚢からなっています。
腎小体で毛細血管を流れる血漿が濾過され、老廃物が尿中へと排泄されます。

糸球体は腎動脈から分岐して細くなった腎細動脈に繋がっている、かご状の血管の網の目です。
ここを血液が圧力をかけて通過すると、ちょうどお豆腐を作るときのように尿が漉し出されます。この漉し出された尿がボーマン嚢という糸球体を包む袋によって集められ尿細管へと流し込まれます。
ネフロンは左右の腎臓にそれぞれ100万〜150万個ずつあります。

腎臓は、尿を生成して排泄する作用のほか、傍糸球細胞からレニンを分泌して血圧上昇やアルドステロン分泌に関与します。また、赤血球を作るのに必要なエリスロポエチンも分泌し、近位尿細管ではビタミンDの活性化も行われています。


■腎小体

 腎小体(マルピギー小体)は、直径約0.2ほどの糸球体で、血液から原尿を濾過する装置です。これは輸入細動脈と輸出細静脈との間の毛細血管網(糸球体)とこれを包むボーマン嚢からなっています。

糸球体の濾過膜では、分子量が1万くらいまでの物質だと水と同じような速さで濾過されます。分子量が69000のアルブミンや68000のヘモグロビンはわずかに濾過されますが、分子量が、7〜8万以上の物質は濾過されません。

たんぱく質を除けば濾液成分の濃度は血漿成分とほぼ同じで、原尿とよばれます。原尿は腎小体から尿細管へと移行し、尿細管で種々の物質が再吸収されたり、分泌されたりします。

原尿は1日にほぼ180ℓも濾過されますが、その99%は再吸収され、尿としては最終的に約1・5ℓ前後になります。

■尿細管

画像の説明

 尿細管は、単層の上皮細胞が管腔を囲んでいる細くて長い管で、直径が約15〜60μm、全長は10〜20です。
腎小体の尿管極から出て、まず迂曲(近位尿細管)し、髄質まで下行してループを作りヘレン係蹄、再び皮質まで上行し、遠位尿細管となります。複数の遠位尿細管が合して集合管となり、さらに太さを増して乳頭管となって腎乳頭の先端の乳頭孔に開口します。

よく腎臓の働き(腎機能)とよばれるのはこの糸球体の濾過量(クレアチニンクリアランス検査で調べる)を言います。
この糸球体でこし出された尿は原尿といって、1日に120L(通常の尿量の約100倍)も作られています。
この原尿は尿細管を通る間に99%までが再吸収されて血液中に再び戻っていきます。

このため実際の尿の量は1日1.2〜1.5L前後になります。
もちろん、水分をとる量が少ないとその分もっと尿は濃くなり尿量が減少するし、たくさん飲めば尿は薄くなり尿量 は増えることになります。ちなみに1日500ml以下または3000ml以上の尿は異常と言えます。
このようにして体が乾いたり(脱水という)、体が水膨れになる(溢水という)のを腎臓は防いでいるのです。
こうして一つ一つのネフロンで作られた尿は腎盂というロート状の部位に集められ、尿管を通 って膀胱へ注がれます。

この尿細管は他にもとても大事な働きをしています。

ビタミンDを活性化します。(体で働くようにすること)
だから腎不全になるとビタミンDが欠乏します。

赤血球をつくるエリスロポエチンというホルモンを作ります。
腎不全になると貧血が進むのはこのためです。

ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなど)の調節をします。食事でとった塩(NaCl)はほぼ同量 が尿から排泄されます。
(10g食事で取ればその分がおしっこに出てしまいます。)

体でできた老廃物を排泄します。
たとえば蛋白質の燃えかすである尿素はそのほとんどが尿から排泄されます。

体でできた酸(細胞が働くと酸が生まれる)も尿から排泄されます。
細胞は酸にとても弱いのでこの働きはとても大切です。
これらのはたらきは腎不全(腎臓の働きが70%以上失われた状態。 90%以上失われると透析療法が必要になる)になると多くが失われてしまい尿毒症(末期腎不全ともいう)という状態になるのです。

また腎不全ではなく尿細管の特定の部分だけが障害を受けて、これらの働きの一部だけが失われる病気もあります(尿細管機能異常症といいます)。

	 

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional