中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

腰・膝の痛みをラクに

漢方の知恵袋
腰・膝の痛みをラクに

漢方の知恵袋

 腰・膝の痛みをラクに

菅沼 栄先生

画像の説明

人生80年時代といわれて久しくなりましたが、長い人生を明るく元気に過ごすためにも、“健康な足腰”を保つことはとても大切です。中医学の養生で体質を整えながら、腰や膝のつらい痛み、加齢による衰えを穏やかに改善していきましょう。

痛みの大敵は「冷え」と「湿気」

 腰痛や膝痛など“関節や筋肉の痛み”を特徴とする症状を、中医学では「痺症(ひしょう)」と言います。
「痺」には「つまる、通じない」という意味があり、体内を巡る「気(き)・血(けつ)」の流れが悪くなることで痛みの症状が起きると考えます。

 気・血の流れを悪くする主な原因は、「冷え」と「湿気」。気候や冷房などによって自然界の邪気「風邪(ふうじゃ)」「寒邪(かんじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」が体内に入り込むと、気・血の通り道がふさがれて流れが滞り、痛みやしびれの症状が起こります。

 こうした痛みやしびれは初期の症状ですが、そのまま放っておくと気・血の流れがさらに悪くなり、強い痛みや症状の慢性化につながることも。こうなると改善にも時間がかかってしまうので、初期の段階で早めの対処するよう心がけましょう。

 また、骨や筋(腱やじん帯)は加齢によって衰えていくため、骨の成長・発育と深い関わりがある五臓の「腎(じん)」、筋を健やかに保つ「肝(かん)」の機能を高めることも大切です。痛みを改善しながら肝・腎を強くして、健康な足腰をつくるよう心がけましょう。



原因別・痛みの養生法  足腰のつらい痛みをやわらげる 

足腰に痛みがあると、身体を動かすことが少なくなり体力や筋力も低下してしまいます。いつまでも元気に歩いて、毎日を楽しく過ごせるよう、積極的な予防・改善を心がけましょう。

 冷え・湿気が原因

初期の痛み

早めの対処で痛みの悪化・慢性化を防ぐ
 頭痛や関節痛などの痛みの症状は、「気・血」の流れが悪くなることで起こります。その直接的な原因となるのが、体内に入り込む自然界の邪気「風邪」「寒邪」「湿邪」です。寒さが厳しい冬、湿気の多い梅雨は、特に痛みが起きやすくなるので注意しましょう。

 こうした邪気の侵入による痛みやしびれは、初期の症状で改善もしやすいのが特徴です。早めの対処で体内の邪気を追い払い、症状の悪化、慢性化を防ぎましょう。

 また、身体の抵抗力が落ちていると邪気の影響を受けやすくなってしまうため、日頃の食事でしっかりと栄養を摂り、基本的な体力をつけることも大切です。


主な症状

軽い足腰の痛み・しびれ、関節のこわばり、
温めると症状が緩和する痛み、舌の苔が白い

食の養生

体内の邪気を発散させる食材を
●葛     ●生姜
●はと麦   ●ねぎ
●うど    ●カリン酒
●シナモン   など



★よく使われるのは:イスクラ独歩丸
            イスクラ衛益顆粒、活絡宝、
            風湿き桐丸加味方、食用蟻含有食品


 血行不良が原因

慢性的な痛みが原因

血行を改善して痛みをやわらげる

 痛みやしびれを引き起こす「冷え」や「湿気」が体内に長く留まると、さらに「気・血」の流れが悪くなり、体内に「おけつ(血行不良)」が発生します。おけつの状態は、強い痛みやしびれを引き起こし、症状の慢性化につながることも。

 養生の基本は、まず滞った気・血の流れをスムーズにすること。痛みやしびれをやわらげ、症状が繰り返さないよう根本的な原因を改善することが大切です。

 また、過剰なストレスもおけつの原因となるので、日頃から上手にストレスを発散するよう心がけましょう。


主な症状

強い足腰の痛み・しびれ、長期化した痛み・しびれ
冷えると疼痛が強い、温めると疼痛が緩和、
夜間の疼痛が強い、関節が動きにくい、
ふくらはぎがつりやすい、舌の色が暗い

食の養生

体を温めて血行を良くする食材を
●紅花     ●八角
●よもぎ    ●サフラン
●らっきょう  ●山椒の実
●少量の酒     など
●小茴香(フェンネル)


★よく使われるのは:イスクラ冠元顆粒、疎経活血湯、
           田七人参、鶏血藤、風湿豨桐丸加味方


 肝・腎の不調が原因

関節や骨の衰え

「筋・骨」を強くして、根本から痛みを防ぐ
 「肝」は血の貯蔵庫。全身に血を巡らせることで「筋(筋肉と骨についている腱、じん帯など)」に栄養素や潤いを届け、関節や筋肉のスムーズな動きをサポートしています。また、生命活動の源となる「腎」は、「骨」の成長や発育に深い関わりがあります。

 そのため、加齢や疲労などが原因で肝・腎の働きが低下すると、関節が動きにくくなる、骨の老化、腰に負担がかかる、といった足腰の不調につながります。

 痛みが慢性化している場合は、痛みを改善しながら肝・腎の機能を高め、筋や骨を健やかに保つことが大切です。痛みの予防や老化症状の改善にもつながるので、日頃から肝・腎を積極的に養生するよう心がけましょう。

主な症状

慢性化した足腰の痛み・しびれ、スムーズに歩けない、
関節が動きにくい、関節の変形、足腰がだるい、
老化症状(夜間の頻尿、めまい、耳鳴り、物忘れ、脱毛、白髪)、
手足の冷え、舌の色が淡い

食の養生

肝と腎を養う温性の食材を

●黒豆     ●山芋     ●えび
●松の実    ●にら     ●豚まめ(豚の腎臓
●くるみ    ●豚足     ●テールスープ
●ごま     ●鶏がら    ●杜仲茶
●大豆製品   ●手羽


★よく使われるのは:イスクラ独歩顆粒、イスクラこ菊地黄丸、
              イスクラ参茸補血丸、活絡健歩丸、食用蟻含有食品



 カラダを動かして“元気な足腰”をつくる

加齢とともに衰える足腰を元気に保つためには、普段から積極的に身体を動かすことが大切です。また、体力が落ちると「冷え」や「湿気」の影響を受けやすくなってしまうので、基本的な体力をつけるよう心がけましょう。

[暮らしのポイント]

栄養をしっかり摂って、邪気に負けない体力づくりを。

毎日の散歩とストレッチを心がけ、足腰を強く。

冷える場所、湿気の多い場所はなるべく避けて。

毎日の入浴で、しっかり身体を温めて血行を改善。

[足腰に効くツボ]
足の三里(さんり)
膝のお皿の下の縁から指4本分下がったむこうずねのすぐ外側


●陽陵泉(ようりょうせん)
膝外側を少し下がったところに出ている骨のすぐ下のくぼみ


承山(しょうざん)
ふくらはぎの中心線上を足首に向かって降りたところにあるアキレス腱との境のくぼみ

(チャイナビュー NO167) 



















































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional