中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

花セラピー

アラカルト
花セラピー

花セラピー を暮らしに

花セラピー研究家 片桐義子先生

一輪の花に心身が癒されたことがあるのでは?
花の不思議な力を活用したのが、花セラピーです。
花の色・香り・形をじっくりゆったりと味わってみましょう。



ロウバイ

リンドウを鑑賞、心を落ち着けましょう

いたわる気持ちが生じます


画像の説明


イライラして、怒りっぽくなったと感じたら、からだからの赤信号と受け止めてください。休息が必要というわけです。そこでリンドウの観賞を。寒色系の花色には心を落ち着かせる作用があるからです。
お酒を飲む前に眺めるのも、お勧めですね。自分をいたわる気持ちが生じ、適量の、楽しい宴となることでしょう。
そもそも、リンドウは、竜胆と書きます。根が胆汁のように苦いため、つけられたともいわれています。竜胆より苦く、熊より竜のほうが位が高いということからのようです。
古くから、苦みの強い健胃薬に用いられてきたことは、多くの方がご存じのはず。
稀に白花のものも見受けます。ササリンドウというわけですが、源氏の紋所にデザインされているのです。
花言葉は、「気づかう心」。野山で出会い、自分自身を気づかってあげ、ひと呼吸つけてください。

(月刊ことぶき 2010年11月号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional