中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

花粉症の養生

漢方の知恵袋
花粉症の養生

漢方の知恵袋

  花粉症の養生

中医学講師 菅沼 榮先生

画像の説明

まだまだ寒さの厳しい日が続きますが、春はもうすぐそこ。花粉症の人にとってはつらい季節ですが、早めの対策を心がければこの時期をラクに乗り切ることもできます。本格的な花粉シーズンを迎える前に、“花粉に負けない身体作り”を目指しましょう。


 身体の抵抗力をアップして花粉の侵入を防ぐ

 中医学では、季節ごとの特徴やその影響を考えながら身体を整えることを大切にします。強い風の吹く「春」に気をつけたいのは「風邪(ふうじゃ)」。風邪には他のさまざまな邪気を連れて身体に入り込むという特徴がありますが、「花粉症」はこの風邪が花粉を運んで身体に入り込むことが原因と考えられています。

 こうした邪気(風邪や花粉)の侵入を防ぐ役割を果たしているのが、体内の「衛気(えき)」です。衛気は身体を守る「抵抗力」のようなもので、身体の表面(鼻やのどの粘膜、皮膚など)にバリアのように存在し、邪気の侵入を阻止しています。そのため、体内の衛気が不足すると花粉などの邪気が身体に入り込みやすくなり、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといったアレルギー症状が現れるのです。

 反対に、体内の衛気を十分に養って身体の抵抗力を高めることで、花粉症の症状を改善することも期待できます。花粉症に悩まされている人は、症状を抑えるのと同時に日頃から体質を整えておくことがとても大切。今年の春は、花粉の飛散量が例年よりも多くなると予想されています。冬のうちから早めの体質改善に取り組み、つらい症状をなるべく軽くできるよう心がけましょう。



 花粉症予防のポイント

 「衛気」を養って身体の抵抗力をアップ!

 花粉症の予防は、邪気(風邪や花粉)を寄せ付けない“抵抗力の強い身体づくり”が基本。そのためには、身体の抵抗力となる「衛気(えき)」を十分に養うことが大切です。

「肺」と「脾胃」は、呼吸や栄養の吸収を通じて「気」を生み出す大切な臓器。そのため、これらの臓器が弱っていると体内の衛気も不足しがちになり、花粉症の症状も出やすくなってしまいます。普段から風邪を引きやすい、胃腸が弱い、虚弱体質で疲れやすい、といった不調を感じている人は、肺や脾胃を健やかに保つよう積極的な養生を心がけましょう。

 また、ストレスや睡眠不足、食事の不摂生なども身体のバランスを崩して抵抗力を低下させる原因に。十分な睡眠、バランスのとれた食事など、生活習慣を整えることも大切です。

 花粉症予防の体質改善は、季節を問わず日頃から取り組むことがポイント。まずは今年の春に向けて、今すぐ初めてみてください。


 こんな人は要注意!

・花粉症の症状が出たことがある
・かぜを引きやすい
・息切れする   ・疲れやすい
・汗をかきやすい
・顔色が白い   ・舌の色が淡い


   食の養生

不足した「衛気」を補い、体力のつく食材を。
・大豆製品(豆腐、湯葉など)
・いんげん豆   ・白きくらげ
・白ごま     ・クコの実
・ナツメ     ・グリンピース
・かれい   ・米   ・もち米

★ よく使われるのは:イスクラ衛益顆粒、補中益気湯




  ●●● 症状別セルフケア ●●●

  の花粉症

水っぽい鼻水は「冷え」、
粘りがある鼻水は「熱」の症状
 水っぽくサラサラした鼻水が出るのは、邪気(風邪や花粉)が身体に入り込んだ初期症状。まだ冬の寒さが残っている時期に多い冷えの症状なので、食事や服装で身体をしっかり温めるようにしてください。

 また、粘り気がある黄色っぽい鼻水は、症状が長引いて炎症が起きている状態です。身体の余分な熱をさまして邪気を追い払い、症状の悪化を防ぎましょう。

主な症状
 冷えの症状 :鼻水が水っぽい、くしゃみ
            鼻がかゆい、身体が冷える

 熱の症状  : 鼻水に粘りがある、口やのどが渇く











powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional