中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

貧血の養生

漢方の知恵袋

漢方の知恵袋

 貧血の養生

中医学講師 菅沼栄先生

画像の説明

立ちくらみやめまいなど、貧血の症状は多くの人が経験しているもの。特に女性は男性に比べて貧血になりやすく、10人に1人は貧血といわれるほど身近な症状です。貧血は、軽い場合でもさまざまな臓器に影響することがあります。安易に考えず、しっかり養生しておきましょう。

 血不足のサインを見逃さず、早めの対処を

 貧血は血液中の赤血球やヘモグロビンが少なくなった状態で、鉄欠乏性貧血、溶血性貧血などに分けられます。一般的な貧血は鉄分の不足による鉄欠乏性貧血で、疲れやすい、めまいや立ちくらみがする、少し動いただけでも息切れする、といった症状がみられます。

 中医学では、このような状態を「血虚(けっきょ)」と考えます。血虚とは簡単にいうと「血」が不足して全身に十分巡らなくなる状態のこと。
血は身体を巡って栄養素や潤い、酸素などを届ける、身体を温める、精神を安定させる、といった役割を果たしています。そのため、血が不足すると全身の臓器や細胞に影響し、疲労やめまい、息切れ、冷えといったさまざまな症状が現れるのです。

 貧血と血虚は一見同じような症状ですが、中医学では、検査の数値でなく症状や身体の状態から判断することが特徴。そのため、たとえ検査値が正常でも、顔や唇の血色が悪い、皮膚が乾燥している、髪のツヤがない、精神の不安定、といった症状があれば、血虚の状態と考えて改善を心がけます。

 現代女性は、そのほとんどに血虚の状態が当てはまると言われています。特に重い症状でなくても、血虚の状態は婦人科疾患や美容のトラブルにつながることが多いもの。身体のサインを感じたら早めに対処するよう心がけましょう。


貧血予防で毎日を元気に!

中医学には、「女子は血を以て本となす」という言葉があるほど、女性にとって「血」は大切なものです。毎日の食事は、貧血予防の大切なポイント。「主な症状」を参考に自分にあった食養生を知り、血不足の改善をめざしましょう。


タイプ別・貧血の養生法

疲労や立ちくらみ
「体内の栄養不足」タイプ
臓器や細胞に栄養が届かず、さまざまな不調が現れる

 豊富な栄養を持つ「血」は、全身を巡って臓器や細胞に栄養を届けています。中医学では、これを血の「栄養機能」といいますが、血が不足してこの働きが低下すると、疲労や立ちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れます。また、血には身体を温める働きもあるため、冷えの症状を感じることも。

 緑黄色野菜や黒色の食材を積極的に摂って、足りない血を補うよう心がけましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional