中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

Dr.叢のイキイキ健康中医学

アラカルト
Dr.叢のイキイキ健康中医学
「花粉症PART 1」  ●不眠によい薬膳レシビ

Dr.叢のイキイキ健康中医学

不 眠 症

画像の説明
中医学では不眠症のことを「不寐症(ふびしょう)」や「不得眠(ふとくみん)」、「不得臥(ふとくが)」などと呼んでいます。
体に備わっている睡眠のための機能がうまく働かなくなるために起こることが多いようです。やっかいな不眠症でも上手に対処できる方法をご紹介します。

中医学による睡眠のメカニズム

 中医学では、生命活動のメカニズムを「陰陽(いんよう)」と「気血水(きけつすい)」という独特な理論で説明します。これらのバランスと睡眠とは、次に述べるように密接な関係があります。

(1)「陽盛則悟、陰盛則寐」 陽が旺盛になれば目覚め、陰が旺盛になれば眠るという意味です。

 まず、陰陽について説明していきましょう。中医学では「活動的・明瞭・温熱・上方」といった火のような特徴のあるもの(昼・気など)を「陽」と呼びます。反対に「静・寂・暗黒・寒涼・下方」といった水のような特徴のあるもの(夜など)を陰と呼びます。陰陽のバランスをとることが健康のための重要なポイントになります。

 気の中でも最も動きが活発な「衛気(えいき)」は、昼は体の陽の経絡(気の流れ道)を、夜は陰の経絡をめぐることによって陰陽のバランスを調えています。通常、昼は陽が旺盛なので、明るく暖かくなり、人々は活発に活動することができます。反対に夜は陰が旺盛になるので、落ち着いて眠ることができるわけです。

 ところが、陽亢(熱の亢進)、あるいは陰虚(潤い不足)の人は、夜になっても陰が弱くて陽を抑制することができないので、落ち着いて眠れなくなります。

(2)「陰陽相交則寐、陰陽不交則不眠」 陰陽が互いに交流していると眠ることができますが、そうでないと不眠になるという意味です。体の陰陽の調節ポイントは、心(火)と腎(水)のバランスを調えることにあります。
五臓(肝・心・脾・肺・腎)のなかでも体の上部にあり、動きが活発な心は陽に属し、火の特徴を持っています。また、腎は比較的下部にあり、水分の代謝に関わることから陰に属し、水の特徴を持っています。

正常な場合は、心の火が下降して腎の水を温め、凍りつかないようにする一方で、腎の水は上昇して心の火が燃えすぎないように抑制しています。しかし、心の火が強くなり過ぎたり、腎の水が不足して心の火を抑制できなかったりすると、体は陽に偏って眠れなくなります。

他に、血(血液)や水(水分)が停滞してできた痰湿(停滞した水分)や瘀血(流れが悪くなった血液)が、心と腎の交流を邪魔しても不眠になります。心と腎の正常な交流ができていない状態を「心腎不交」と言います。

(3)「精気血養神則眠、神失所養而不眠」 ここでいう神は精神のことです。体に精気(エネルギー)や血が充実し、栄養が行き渡って神を養うことができれば眠れるが、そうでない場合は不眠になるという意味です。極度の肉体的、精神的な疲労も不眠の原因になります。

タイプで変わる不眠症の対策

不眠症は、陽が亢進したり、気血水が停滞して陰陽の交流が妨げられた実証タイプと、陰や血などが不足した虚証タイプに分けられ、対処法もそれぞれ違ってきます。

《実証タイプの対策》

(1)心火亢盛証(心の機能が亢進した興奮タイプ)
興奮して落ち着かないことによる不眠。口や舌が乾燥する・舌炎ができやすい、尿は少なく色が濃い・顔が赤いなどの症状が見られます。このようなタイプには「星火牛黄清心丸(せいかごおうせいしんがん)」や「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」などが良いでしょう。

(2)肝鬱血瘀証(イライラ・血行不良タイプ)
せっかちでイライラと落ち着かない不眠。怒りっぽい・胸や脇が張る・口が苦い・胸に熱がこもる感じ・舌が紫などの症状が見られます。このタイプには「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、「酸棗仁湯錠(さんそうにんとうじょう)」などが良いでしょう。

(3)痰熱胆胃失和証(水分停滞・熱過剰タイプ)
びくびくと驚きやすい不眠。胸がつかえる・頭が重い・めまい・食欲不振・吐き気・ゲップが多い・胃の膨満感・舌の苔が黄色くねっとりしているなどの症状が見られます。このタイプには「星火温胆湯(せいかうんたんとう)」が良いでしょう。

《虚証タイプの対策》

(1)心肝血虚証(血液不足タイプ)
不安で心が落ち着かない不眠。動悸・健忘・めまい・生理不順・生理血の量が少ない・顔面蒼白・唇や舌の赤みが少ないなどの症状が見られます。このようなタイプには「酸棗仁湯錠(さんそうにんとうじょう)」や「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」などが良いでしょう。

(2)心腎陰虚証(心や腎の潤い不足タイプ)
手足がほてり、口やのどが乾く不眠。動悸・健忘・舌は赤く苔が少ないなどの症状が見られます。このようなタイプには「天王補心丹(てんおうほしんたん)」などが良いでしょう。

(3)気血不足証(エネルギー・血液不足)
夢が多く目が覚めやすい不眠。動悸・健忘・やる気がでない・色が細い・便が軟らかい・顔面蒼白あるいは黄色く艶がないなどの症状が見られます。このようなタイプには「帰脾錠(きひじょう)」などが良いでしょう。

(4)陰虚火旺証(潤い不足によるのぼせタイプ)
のぼせを伴う不眠。手足のほてり・動悸・イライラ・足腰のだるさ・めまい・耳鳴りなどの症状が見られます。このようなタイプには「瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)」や「酸棗仁湯錠(さんそうにんとうじょう)」などが良いでしょう。

 それぞれの症状によって使用する薬が変わりますので、詳しくは薬局・薬店でご相談ください。ふだんの養生法として、足を温めて頭を冷やす「頭寒足熱法」を試してみましょう。他に、寝る前にシベリア人参茶を飲むのもおすすめです。また、無理に眠ろうとせずに、心と体をリラックスさせて息を整えてから床につくように心がけてみてください。

(チャイナービュー28号より)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional