中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

Q&A

 Q&A  

● Q: 漢方薬の服用法は?
  
 A:食前・食間が普通です。食後は温湯で服用します。
よく服用時間についてのご質問を受けますが、食前・食間に飲むのが普通です。ただし、臭いが強いものや刺激性のあるものは、食後に飲みます。
また、六味地黄丸や婦宝当帰膠のように、栄養豊富な薬を食前に飲むと、胃もたれ、減退感などを引き起こすことがありますが、そういう時は食後に飲んでもいいでしょう。慢性病などで、体力が弱るっている人や、お年寄りは、香紗六君子湯のような胃腸薬で、まず胃腸を整え、次に段階的な治療が効果的です。

服用回数は、通常1日2〜3回ですが、
胃腸の弱っている人は、1〜2回でもいいと思います。漢方薬を飲みなれていない人は、最初少なめに服用し徐々に増量したり、少量を何回かに飲むといいでしょう。水で飲むかお湯で飲むかもよく質問されますが、
普通は水でよく、神経痛やリウマチ等で冷えを伴う時、更に食後服用する場合は、温湯で服用します。
葛根湯のような発汗を促す薬の場合も、温湯を使ったほうが効果があります。漢方薬の服用法は、
状態を考えながら、臨機応変にというのが望ましいでしょう。

(健康かわら版 創刊号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional